So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

日本山岳ガイド協会ファーストエイド講習会 [マイライフ]

12月3日から4日間、日本山岳ガイド協会のファーストエイド講習会を受講してきました。
私は3年に一度の資格更新という立場でした。
この講習ができた時から一度受講したいと考えていましたが、だいだい海外登山の日程と重なり、縁がない講習と考えていましたが、やっと縁ができました。

講師は3名の現役救急医、受講生は現役で活動している山岳ガイド、登山ガイド(初対面の方もたくさんいました)です。
講習はリラックスした雰囲気で、内容も充実していて、質疑応答もたくさんあって文句なしでした。
0.JPG
実習時間もあります。
1.JPG
左は中心となった救急医の先生と右の女性は美人救急救命士です。
2.JPG
これで全員ではありません。

この講習を自分の業務にどう活かすかが、この講習を受講した意義に繋がると思います。
自分のガイドする山域や業務形態に合わせることで自分の技術として活きるわけです。
私の職場である剱岳では転滑落が圧倒的に多いので、外傷に対するケアに比重を置いた道具を充実させること等。
私のクライアントは高齢の方が多いので、疾患に注意すべきことも多いです。

山岳ガイドという職業にはファーストエイドのトレーニングは必須です。
クライアントを守るために、最も必要な登山装備と言っても過言ではないでしょう。

こんな時にどうしたら良いか?
こんな処置したけど、もっと良い対応はできなかったか?

自問自答し、解らなかったら解決するまで医師に相談することで、自分のレスキュースキルは上がっていくことでしょう。

そして、ファーストエイドを周りに広めていく事も大事です。
ガイドも神様ではないので、自分が落石受けてケガする事があります。
その時、周りにいる方に止血する方法を教えられるテクニックがあると自分が助かります。
ネパールでレスキュー搬送中に私がクレバスに転落しました。
その時は周りに、私以外引き上げテクニックを持った人がいなかったので、いかに他人にわかりやすく説明できる能力が必要なのかを悟りました。
ファーストエイドに意識を持った方が周りに増えるといろんなメリットが拡大していくかなと感じます。

特に、今回の日本山岳ガイド協会ファーストエイド講習は臨床経験を豊富に持った現役救急医が講師として参加しているので、どんな質問にも答えてくれます。
経験がないことや知らないことを知ったかぶりする講師ではありません。

また、スケジュールを合わせて受講を継続したいと思います。

ガイド以外の方も受講できたら良いのにね…

越後で初滑り&雪山登山 [越後]

ホントは立山に上がる予定だったが、諸事情でお客様とかぐらスキー場へ行く事に。
初滑りは立山でと思っていたのだが残念。

朝、かぐらスキー場に車を走らせていたら、立山で雪崩遭難があったと一報が。
誰の事故か解らなかったため関係各所に電話した。
身内が巻き込まれていなければ良いがと。
一番に頭に思い浮かんだのはレジェンド。
ちょうど店が休みだし…。

お昼にレストランに入ったら。
0.jpg
ご機嫌にハイボール飲んでました。
さすがです!

かぐらは新雪真っ只中で。
1.jpg
ハジパウがとても気持ち良かったです。

しかし、立山の事故のことで心から楽しめず…。
繰り返される雪崩事故で富山県はどのような対応を取るのか。
事故を無くすためには、など様々なことが頭から離れませんでした。

お客様方と湯沢で一泊して、温泉に入って、蟹を食べながらのんびりしました。

さて、翌朝は快晴!
2.JPG
これ以上の天気はない中、谷川連峰最高峰「仙ノ倉山」へ。

朝は冷えていましたが、気温も上がり快適。
3.JPG
新雪ラッセルも気持ちよく。

しかし、平標山頂付近で急速に風が吹き出し、あっという間に暗くなりました。
4.JPG
この後、群馬県側から暗くなり、どんどん風が強くなりました。

雪山の天気急変は幾度となく経験しておりますが、なかなか予測は難しいものです。
これだけ情報が発達していてもです。
最後は現場で自分で判断しなければならないのです。
私もまだまだ修行が足りません。
もっと、冬山をガンガン歩いて予測と結果を擦り合わせて自分の判断を磨かないと。
そう思う登山でした。

アイスキャンディが始まります [八ヶ岳]

赤岳鉱泉に行ってきました。
初日は快晴でしたが、二日目は雨でした。
なので、ドライパートのみがオープンしているアイスキャンディでの講習となりました。
1.JPG
大同心、小同心も冬の装いが美しい。
私にとってなんとも落ち着く風景です。
0.JPG
4月以来のドライで一発でパンプしました。

二日目は雨が降る中で頑張りました!
2.JPG
やはり、ドライツーリングは面白いし、体幹がとても鍛えられます。
3.JPG
常連さん達の登りは刺激になります。

12月になれば、いよいよ八ヶ岳もアイスシーズンの本番を迎えます。

1月28~29日はアイスキャンディフェスティバルが開催されます。
私もフル参戦し、お手伝いいたします。
今年も企画内容は盛り沢山のようです。
みんなで楽しみましょう!


初冬の立山 [剱立山]

二日連続で雄山へ向かいました。
初日はとても天気が良く感動的でした。
0.JPG
しかし、滑るのはちょっと厳しい積雪量ですね。

ご高齢の姉妹は1月に厳しい山に向かうのでトレーニング。
1.JPG
風はとても強かったです。

室堂で解散して、お客様が入れ替わり、この日は雷鳥荘宿泊。
夜に大量降雪があるとの予報だったが、大して降らず。

踝から脛程度のラッセルで一ノ越へ。
3.JPG
この日もとても風が強く、加えて強烈な寒気。

残念だが、三ノ越下で登頂を諦めた。

これで、私は今シーズン立山の仕事は終了。
滑ることができないまま終わったのは残念。

屋久島&種子島の旅 [ハイグレードハイキング]

弾丸「屋久島の山旅」へ。
早朝のHANEDAから到着した日はスーパームーンの翌日。
0.JPG
でも、なかなか綺麗でしたよ。

翌日は淀川登山口から宮之浦岳を登り、縄文杉を見て荒川登山口へ降りる鉄板コース。
5時に出発したが、予定より速く日の出は花之江河を過ぎた稜線から。
1.JPG
誰もいないので、どんどん進めて気持ちが良い。
2.JPG
3時間くらいで宮之浦岳に到着。

雨の多い屋久島でこんな天候は初めてです。
洋上のアルプスを満喫できた。
3.JPG
屋久鹿もフレンドリー。

でも縄文杉から下は大渋滞。
これが同じ山かと疑いたくなるほど。
屋久島は素晴らしいところだが、屋久島ガイドって…。
気分が悪くなるから、書くのをやめておこう。

天候とお客様の脚の速さのおかげで、時間も余ったので3日目は種子島へ。
いつか行きたかった種子島宇宙センター。
4.JPG
そこにある自然の風景も感動的だった。
5.JPG
千座の岩屋は美しかった。

屋久島と種子島をセットで訪れるのはお勧めかも。

私と屋久島が似合わないと言われることが多いが、ここは36年前初めて訪れた懐かしい場所なのである。
大学生の時にキスリングとテントを背負って、海から出発して宮之浦岳、永田岳などを縦走。
忘れもしない、、、台風の到来で、ずぶ濡れになりながらの縦走。
亡くなった母に無理を言って買ってもらったキャノンAE-1を雨に濡らして一瞬にして壊してしまった悲しい思い出もある。

あの時の静粛な縄文杉への出会いは感動だった。

今回はsankaraに泊まった。
6.jpg
ホスピタリティを感じて、様々勉強になることもあった。
たった4日間だったが良い旅だった。


紅葉の白雲山へ [妙義山]

初めて新幹線で妙義山へ行ってみました。
高崎駅からのローカル線は風情もあり、なかなかのんびりムードです。

今回はいつもお世話になっている方を妙義山にお連れしました。
10.jpg
妙義神社から白雲山をぐるっと回り、タルワキ沢を降りました。
このコースは一般道ながら鎖場もあり、そこそこ楽しめます。

楽しんでいただけたようで良かったです。
帰りは、ほとんど行動が一緒だった柳瀬ガイドの車で東京へ連れて行ってもらいました。
武蔵野線の某串焼き屋で、男らしい飲み会をやってHANEDAで泊まりました。

晩秋の妙義山 [妙義山]

またも星穴岳へ。
0.JPG
顔見知りのガイドさんが複数同じく星穴岳にいて楽しくなりそうだなぁと思いきや、かなり先行パーティがいる模様。

西岳ノコルから懸垂するところで、ちょっと待ったが、この先3回の懸垂点でずっと座ったまま順番を待つのも面白くない。
幸い今回のお客様達は星穴岳3回目なので、違う楽しいところに転進しようということになった。
1.JPG
中之岳、東岳と超えて、ちょっと一般的でないところへ行ったのだが、主稜線上ではいろんな方が変な奇声を上げながら鎖を昇り降りしていて、ここは遊園地かと嫌になってしまった。

先日はハロウィンの時期に着ぐるみを着て登っている人もいて驚いた。
ちょっと、おかしなことになっていないだろうか。

私は以前にも書いたと思うが、剱岳別山尾根や表妙義主稜線に鎖がなかったらどんなに楽しいだろうか。
現実には今更できるはずはないのだが。

登りたいから、技術を磨く、適切な道具を購入し勉強する。
それでも登れない山が日本にあっても良いと思う。
誰でも登れるように鎖やハシゴを掛けてしまうことが、登山の魅力や大事なものを壊してしまうのではないか。

最近の妙義山や隣の高岩など「ワーワー」「キャーキャー」と鎖とハシゴにしがみ付いている人達を見ると興ざめしてしまう。
それを引率同行しているガイドは何も感じないのか。

高岩などはあれだけガバで簡単なチムニーなのに鎖が必要なのだろうか。
鎖がなかったら、とても魅力的だと思うのだが。(スリリングな縦走ルートもあるし…)

表妙義の主稜線と高岩はそういうところになったと理解するしかない。
もちろん妙義山には鎖もハシゴもない楽しいルートはたくさんあるし、一般に知られていないルートもあるので、そういった場所には付けないで欲しいと思う。

星穴岳もハンガーボルトがたくさん打たれ、懸垂ポイントも整備されて、人がたくさん入るようになったので道も明瞭になり、ちょっと面白さがなくなってきた。

私もいろんなところで星穴岳を宣伝しすぎたので反省しています。
2.JPG
でも妙義山は楽しいし、アクセスが良く短時間で楽しめるので、これからもたくさん訪れると思う。
やっぱり平日ですかね。

雪の黒百合ヒュッテにて [八ヶ岳]

稲子岳南壁へ。
黒百合ヒュッテ泊。
ホッピーはいと楽し。

しかし、夕方から雪が本降りになり。

少しは雪が降るだろうが南面なので登れるだろうと予想していたのだが、予想外の積雪量。
4.JPG
ちょっとクライミングは厳しい。

小屋内でロープワーク講習となりました。
5.JPG
でも、皆さんの笑顔は楽しかったことの証。

黒百合ヒュッテの皆様、ありがとうございました。

初冬の富士山 [富士山]

晩秋の富士山へ。
富士山はこの4月に三輪君が遭難した場所。
しばらくは触れたくない山だったが…。

今回はイタリアからの2名のお客様もご一緒でした。
いつも懇意にしているコルチナガイドのENRICOからの紹介です。

35歳と36歳でマッターホルンやモンブランなどヨーロッパの山々やネパールのメラピークなどに登っているだけでなく、イタリアのアルパインレスキューチームにも属し、クライマーでもあるとのこと。
ガイド料をもらうのが申し訳ないくらいで、私がガイドして欲しいくらいの実力の持ち主です。

日本のメンバーも加えて、楽しく登山して来ました。

最近、富士山に行くのはネパールや南米アンデスに行く前に高所順応で行くため、頂上でテント泊が多く、佐藤小屋はすっかりご無沙汰していました。
主人の保さんとは、たぶん6年ぶりくらいか。

でも、電話でたまに話したりするので、まったくブランクなく、以前のままの感じでした。
楽しく一緒に鍋を囲んで、お酒もいただきました。

翌朝は快晴無風。
0.JPG
日の出も素晴らしいものでした。

あっさりと日本最高所まで。
1.JPG
彼らも、私のガイドに満足してくれたようです。

夏の喧騒がなく、雪が付いた静かな富士山は良いものです。
アイゼン&ピッケル、ロープを使えば、こんな素晴らしい登山ができるのです。
寒さに負けず、冬山を楽しみましょう!


立山も冬山モードに入りました! [剱立山]

11月4日は前夜までの降雪を味わいに龍王岳東尾根へ。
この日からアルペンルートも冬ダイヤとなり、立山駅から朝イチで乗っても10時前に室堂着となる。
最終の下山バスも15時30分なので、お客様を急かさなければならないのが心苦しい。
0.JPG
室堂から外へ出ると快晴だが、風が強く雄山は荒れている。

北西風が強烈で、龍王岳東尾根も上部はもろに風が当たるので、風下を選んだラインから登った。
1.JPG
看板は完全に埋没していたが、記憶を頼りに掘ったら出てきました。
完全に冬山です。
2.JPG
風と寒気にたっぷり鍛えられました。

雲間から剱岳が。
3.JPG
北アルプスの王者の風格。
この山が富山県にあることが何より幸せです。

眼下を見れば、一ノ越から龍王岳北面に向かって滑っているスノーボーダーもいる。
まだ、滑るには乏しい量だが、贅沢を言わなければ地雷覚悟で滑れるところもあるのだ。
11月8~9日の積雪量次第では、その後から滑れるようになりそうな感じ。
いよいよ、シーズンが目の前まで来ました。
ワクワク感が溜まりません。
前の10件 | -