So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

アイスクライミング4日間 [アイスクライミング]

今日まで4日間連続でアイスクライミング。
初日は醤油樽ノ滝へ。
10.JPG
35mの迫力あるビッグサイズの滝は絵として素晴らしい。
登ってみると階段であることも愛嬌。

夜は夏沢鉱泉で浦野社長と久しぶりに一献。
黒百合ヒュッテから岳ちゃんも合流してくれて楽しい宴会でした。

二日目はG4へ。
11.JPG
この辺りでは最大の滝で南沢大滝に感じは似ている。
大雪の降る中、たっぷりと本数を稼ぎました。

三日目は赤岳鉱泉に場を移して今シーズン第2回鉱泉道場。
12.png
今回は棚橋ガイドとペアを組んで講師をやりました。
棚橋ガイドとは同い歳で教え方も登り方も共通点が多く、とてもやりやすかったです。
やはり本物のアルパインガイドです。

本日最終日はジョーゴ沢へ。
13.png
とっても寒かったです。
お客様で体調がすぐれない方がいらっしゃったので、無理に上に登らずF2で繰り返し練習しました。

さあ、明日からはお楽しみの5日間です。

白馬にて [大好きなスキー]

週末は大雪でアルパインは中止。
白馬47から遠見尾根を上がり、良い雪を滑りました。
夜は東京へ移動。
好日山荘銀座店グラビティでクライミング講習をダブルヘッダーで。
翌日は白馬に戻り、またスキーの仕事。
E7329591.JPG
効率の悪い移動が続き、少々疲れ気味!

アルツ磐梯へ [RESCUE]

白馬合宿を終えて、アルツ磐梯へ。
CATチームへレスキュー講習をしました。
初日は午前中楽しく滑り、午後からロープレスキュー。
604.JPG

そして、夜は焼肉の皆川へ。
9EAC.JPG
ここは素晴らしかった。
また絶対行きます。

二日目はMFA講習。
大変楽しい二日間の講習でした。
アルツはとっても雪質良く、また今シーズン中に行きたいです!

白馬合宿 [大好きなスキー]

虎の穴「白馬合宿」に日帰り参加してきました。
9.png
スキーにすべてを打ち込んでいる鬼のようなスキーガイド達と滑るのは恐怖以外の何物でもないが、終わってみればとっても楽しく充実した一日だった。

まさにプライスレス。
仕事をキャンセルして参加した甲斐があった。
8.png
今回も生きて帰れて良かった。

飯綱山敗退 [大好きなスキー]

八ヶ岳を降りて、新たなお客様を茅野でピックアップして飯綱山へ。
6.png
大雪で強風で山頂まで届かず、でもふかふかの雪は気持ち良かった。
7.png
こんな日は戸隠蕎麦を食べて満足。

これもこの地域の楽しみ方!

今シーズン一番の赤岳登頂 [八ヶ岳]

この週末は赤岳へ登ってきました。
日曜に天候が崩れそうだったので、土曜に登ってしまいました。
微風温暖快晴のまさに、今シーズン最高と思われる素晴らしい登頂でした。
5.jpg
お二人とも冬の赤岳は初めてだったのですが、山が歓迎してくれたのでしょう!

土曜に登れたので、夜は赤岳鉱泉でリラックスした時間が持てました。
私もとっても楽しかったです!

翌日はアイスキャンディでアイスクライミング体験。
9時くらいから強い降雪が始まりました。

好天と悪天、両方を体験できて良い雪山だったのでは。
また、次のステップを踏みましょう。

湯川は今ひとつかな [アイスクライミング]

昨日は5名で賑やかに湯川へ行ってきました。
3.jpg
ちょっと氷結はイマイチという感じです。
2.jpg
今シーズンからアイスクライミングを始めたお客様もすっかり上手くなりました。
こういうことは嬉しいものです。
4.jpg
スキーガイドで有名な長井淳ガイドもすっかりアイスクライマーとして様になってきました。
自分のトレーニングを優先している姿はリスペクトできます。

湯川は、今シーズンこれ以上の発達は見込めない雰囲気ですね。
ミクロトワンソンも下部は浮いています。
別のエリアにもいろいろ行ってみようと思います。

久しぶりに愚痴ります。
最近思うことは、20代、30代のガイド修行中の人達って、なんでFBとかで有名な先輩ガイドと一緒に登ったことを自慢するんだろう。
恥ずかしくないのか?
私が20代や30代の頃って、先輩と山なんか行きたくなかった。
だって、美味しい核心のピッチをリードさせてもらえないから。
だから、大先輩と登ったら、そのルートを登ったことにはならないので、登り直しに行くのが当たり前だった。
核心をリードしなかったら、登ったことにはならないでしょう。
カッコいい写真を載せて、粋なコメントを書いて恥ずかしくないのか。
だいたい20代、30代でろくに登りもせずにガイドを目指して、クライアントに何が教えられるの。
大先輩の名前を借りずに、自分で登ったことを積み重ねてこそ、ガイドとしての引き出しでしょう。
ガイドアシスタントは別だけども、先輩ガイドにルートを連れて行ってもらったら、ただの客でしょう。
自分の実力で山と勝負するべきでしょう。

そんな輩がガイドになる世界って、国家資格になっていいの。
まあ、もう諦めてるけど。


寛ぎの妙高へ [バックカントリー]

アイスキャンディフェスティバルが終わってから、一度富山に帰り、翌日東京へ。
好日山荘銀座店さんの机上講習に行って参りました。
大勢のお客様に集まって頂き、今夏の剱岳を目指すプロジェクトは快調にスタートしました。

翌日は山岳メーカーさんが多数集まる展示会へ。
私的にはPETZL製品が注目でした。
やはり安心安定のブランドです。

午後に妙高へ移動。
お客様と合流し、ニマとも再会。
0.jpg
ワインを飲みながら昔話やこれからのことを話す一夜でした。
1.jpg
翌朝は快晴。
前山方面へハイクし、気持ちの良いパウダーを滑ることができました。

忙しい日々ですが、もうちょっとゆっくり妙高で寛ぎたかった。

第七回アイスキャンディフェスティバル [八ヶ岳]

アラスカから帰り、すぐに赤岳鉱泉へ。
27日はお客様と某滝でアイスクライミング講習。
私が落とした氷で顔をアイスカットしたお客様が出て、急遽病院へ運んだ。
色々と反省点があり、自分の責任を痛感している。

翌日からはアイスキャンディフェスティバルが開催され、300人超の参加者で盛り上がった。
私も講師としての役割を何とか果たすことはできたと思うが、前日の事故で浮かれた気持ちにはなれず、ただただ反省するのみ。
1.jpg
まだまだ未熟者だと痛感した日々。
この仕事で真のプロになるためには、まだまだ精進せねばならぬと感じた。

2017アラスカスキー [大好きなスキー]

昨夜までアラスカへスキーに行ってきました。
廻ったスキー場はアンカレッジのアリエスカ。フェアバンクスのムースマウンテンとオーロラスキーランド。

フェアバンクスではオーロラ鑑賞名所のマウントオーロラロッジに5日間泊まったのですが、残念ながら見えず。
初日の夜にオーロラの小さいのが出ましたが、その後は見ることができませんでした。

それでも、絶景の中のスキーは大変素晴らしく、おそらく一生の想い出になる経験でした。

アリエスカはワールドカップでも使われているスキーリゾートで、どのコースを滑っても楽しくて、特に非圧雪部分は素晴らしいパウダーでした。
0.jpg
海に向かって滑る快感は、他には代え難く。

我々は超高級リゾートホテル「ホテル アリエスカ」に宿泊し、連日楽しみました。
1.jpg
ホテルから直結のゴンドラに乗って、あっという間にトップへ。
凄い絶景のゴンドラでした。

寒さも-20℃前後でしたので、まだ耐えられました。
2.jpg
お二人も元気いっぱいに滑って、夜は毎晩酒盛り。

フェアバンクスは寒すぎました。
ムースマウンテンは寒すぎて、ずっとクローズ。
オーロラスキーランドは連日、昼間でも-26℃~-30℃でしたが、頑張って滑りました。
写真もたくさん撮りましたが、寒いのを思い出すのでここでは見せません。
寒すぎて、スキーは走らず、それも得難い経験になりました。
フェアバンクスの絶景を見ながらのスキーも素晴らしいものでした。

こちらのレストランは、とても有名で私が一番行きたかった場所。
4.jpg
北米最北のビール醸造所で、最高に美味しいレストラン。
5.jpg
アラスカのサーモンは最高です!
3.jpg
このオニオンリングはビールと大変相性が良いのです。

アラスカ最大の核心はレンタカーのドライブでした。
吹雪で車線も見えず、路面はブラックアイス。タイヤは…。

凄い経験してきました。



前の10件 | -