So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

もうすぐ夏を迎える剱岳 [剱立山]

誰もいない静かな剱岳へ行ってきました。

初日はゆっくり剣御前小屋へ。
19.jpg
夕刻には剱岳も姿を現し、翌日の好天を期待させてくれた。

夜は小屋スタッフと一献。

翌朝は風が強く霧も深かったが予定通り出発。
20.jpg
剱の姿も見えてきた。

平蔵谷は6月だけで3回目。
少しづつ雪の量が減っているのが肌で解る。
シュルントの開き方、クレバスの開き方も。
21.jpg
まだまだ雪渓は安定した状態。
22.jpg
コルがハッキリ見えだしてからが長い。
焦らずゆっくりと登り続けるのが疲れないコツ。
直前でロープ確保をしてコルに出る。

エビルンゼはまだ使えそうだが、そろそろ崩壊しそうな気もしたので、ヨコバイから上がった。
25.jpg
平蔵ノ頭はまだこんな感じ。
でも随分、薄くなってきたので夏シーズンには間に合うかもしれない。
26.jpg
そして誰もいない山頂へ。

昨年は雨で剱澤小屋敗退だったお客様なので、私もひとつ肩の荷が降りた気がする。
剱を夢見て頑張っているのも知っていたし。

下山は平蔵ノコルで再びアイゼンを履き、長い室堂までの道のり。
28.jpg
剱から室堂へ下山することは、下山という言葉が似合わない。
何度登ったり、降ったりすれば良いのか。
29.jpg
平蔵谷出合の大岩も随分出てきた。
先週は頭だけだったのに。

もうすぐ剱沢の小屋も開き、夏を迎える。
昨年は雪渓崩壊で苦労があったが、今年はそれはなさそうだ。
でも、今年は例年になく多い残雪がどのような影響を与えるのか。
剱の登山は雪との闘い。


雷鳥荘での秋のイベント [MFA]

富山の岩場「雑穀谷」で初めての方に向けたクライミング講習会を行いました。
31.jpg
富山の登山専門旅行会社「あるくトラベル」主催で12名の方に講習してきました。
皆さん、はじめての体験に大喜びでした。
また、次回すぐに開催して欲しいとの声もあり、リクエストにお応えしたいところです。

終了後はこのまま室堂へ。
17.jpg
この夜は立山がとても良く焼けました。
15.jpg
奥大日岳と富山湾のオレンジが綺麗です。

翌日は雷鳥荘スタッフ向けにロープワーク講習とMFA講習を。
18.jpg
秋には雷鳥荘へ救急医療ドクターの伊藤岳先生をお招きし、あるイベントを開催します。
もうすぐ告知が始まりますので乞うご期待!

剱岳平蔵谷 [剱立山]

剱岳へ行って来ました。
春は平蔵谷が快適です。
初日はとても天気が良かったのですが、笠雲がたくさんあって悪天の兆し。
IMG_1786.JPG
雷鳥坂を上り、剱御前小屋へ。

そして2日目は3時から出発の様子を伺うが、霧雨と爆風でずっと待機。
そのまま一日中、待機となりました。
IMG_1804.JPG
午後になって、やっと風も落ち着いて来ました。

そして3日目は平蔵谷からの登頂。
4時に出発して劔沢の下降。
IMG_1812.JPG
平蔵谷はまだビッシリ雪が詰まっています。
前回より傾斜は感じますが、6月中旬としては素晴らしいコンディションです。
IMG_1815.JPG
最上部はエビルンゼを登って、タテバイの上まで出ます。
IMG_1820.JPG
アックスがビシビシ決まって気持ちいい雪壁です。

そして8時ちょうどに。。。
IMG_1823.JPG
涙の山頂へ。

二人とも初めての剱岳を雪たっぷりの平蔵谷からで良かったと思います。
IMG_1829.JPG
帰路はヨコバイを使いました。

2日目が物凄い荒天で、3日目が物凄い好天で、お二人は剱岳の二つの顔を見ることができて素晴らしい経験になったことと思います。

私は翌日がどうしてもキャンセルできない仕事のために一応の安全圏である劔澤小屋で解散しました。
二人は剱御前小屋にもう一泊してから下山しました。

でも、やはり一緒に降りるべきだと酷く後悔しました。
一緒に下山を祝いたかった。
そこだけが心残りです。


薬師岳開山祭 [北アルプス]

週末は薬師岳開山祭に行ってきました。
土曜は大荒れの天気予報だったが、崩れるのが遅くなり、我々はほぼ濡れずに太郎平小屋へ着きました。15時以降に到着したパーティは激しい風雨に苦労した様子。

太郎平小屋では前夜祭とのことで振舞酒。
14.jpg
マスターのご挨拶で乾杯!
13.jpg
イワナの骨酒がうまかった。
12.jpg
太郎平小屋の夜も更け。

さて、翌朝はゆっくりと530に出発。
9.jpg
北アルプス全てが見渡せる素晴らしい天候に恵まれた。
10.jpg
我々は薬師如来が上がってくる前に登頂。

下山時にはすれ違った薬師如来を触らせてもらい、このシーズンの安全登山を祈願した。
太郎平小屋でラーメンとカレーを食べて下山。
11.jpg
とっても楽しい二日間、ありがとうございました。

山の楽しみは様々なことがあり、奥が深いのです。


北アルプスの女王 薬師岳 [北アルプス]

昨日、今日と太郎平小屋に泊まり、薬師岳へ行ってきました。
4.jpg
まだ、雪はたっぷりあります。
スキーを持って来たかった。

そして、昨日は太郎平小屋の生ビール解禁日。
5.jpg
ありがたくもシーズン最初の一滴をいただきました。
今シーズンもたくさん飲みます!

太郎平小屋の夕景。
6.jpg
小屋の皆さんと楽しい宴を!

今日は天気が心配されたが、雨にも降られず持ちました。
8.jpg
かなり寒かったので、降ったら雪だったでしょう。
7.jpg
同行してくれた剣見崎カメラマン。

今週末は薬師岳開山祭。
太郎平小屋も空いているそうで多数の登山者入山をお待ちしております。
もちろん、私も行きますよ!


新緑さわやかな妙義山 [妙義山]

昨日、一昨日と富山を離れ、妙義山でのガイドでした。
初日はゲストが多かったので、あの有名なJUNRINAの長井里奈ガイドに手伝っていただきました。
2.jpg
この世界では女性ガイドは貴重だなと思います。
柔らかな雰囲気はお客様を和ませてくれます。

私は磯部温泉に泊まり、まったりしました。
3.jpg
温泉後に、一人で飲みに行きましたが、夕景が綺麗でした。

二日間の妙義山も無事に終了。
今日から薬師岳へ参ります!

水無月 [マイライフ]

今週は東京銀座での講習が月曜からあって、初日は机上講習会。
「山のウェアについて」のお題目。
講習終了後には、山の保険屋さんにとっても美味しい焼肉屋さんに連れて行ってもらいました。
1.jpg
超美味!!

翌日はグラビティリサーチで講習ダブルヘッダー。
0.jpg
その後は最終新幹線で富山に帰りました。

それから、今日まではガイド業を休んで地元の山で…。

明日から妙義山でガイド業に復帰します。

剱沢スキー [剱立山]

この週末は久しぶりに剱を拝みに行きました。
今回はスキーです。
土曜日は剣御前に上がってもガスで何も見えず。
手探り状態で剱沢を滑り、剱澤小屋へ。
スキー客は私たちだけでした。
たくさんのガイドさん達と交流しました。
それにしても、いろんなガイドさんがいるものです。
選ぶ方は選びようがないでしょうね。
私も立派な方ではないですが。

翌朝は朝食を食べてから2度寝して、ゆっくり滑ります。
IMG_1122.jpg
快晴の剱沢はザラメで最高でした!

昼飯は剱澤小屋に戻り。
0.jpg
従業員用メニューである「行者ニンニク味噌ラーメン」をいただきました。

帰りの雷鳥沢は縦溝だらけで、ちょっと修行でした。
また、2日後に剱沢へ滑りに行きます。

Yalung Ri&Rolwaling trek 支援 [海外クライミング]

simigaonとbedinに日本の山岳6団体からの支援で学校が再建された旨のプレートがありました。
9.jpg
bedinの学校ではちょうど給食の時間で一緒に食事の席を共にしました。
11.jpg
親がいない子供が多いので、全部無償で教育が受けられるそうです。
10.jpg
野口健さんの支援テントも各所に見られます。

このトレッキング中は地震の傷跡がまだ残るところもありました。
私も地震の半年後に支援金を集めて、困っているシェルパ達へお金を渡しにカトマンズへ行きましたが、この地には何も支援していません。
でも日本人というだけで感謝され、ちょっと違和感を覚えました。

そして、支援に名前を残さなくてもいいのではないかと個人的には思います。
私にはわからない事情がいろいろあるのかもしれないですが。



Yalung Ri&Rolwaling trek 速報 [海外クライミング]

5月GW明けからネパールへ行ってきました。
あの大地震から二年経ち、久しぶりのネパール登山となりました。
サーダーのパサンにお願いして、彼らの故郷であるロールワリンをトレッキングして、ヤルンリ(5630m)を登ってきました。
標高は低いですが、他に登山者も少ないエリアで自分たちだけの登山を楽しむことができ、とても良い経験でした。
1.jpg
今回はパサンの他に、お馴染みのパサンカミ、コックはケサラなど定番メンバーで。
また、パサンの奥様、娘さん、ニマの息子なども同行して、楽しいファミリートレックとなりました。

2.jpg
宿泊3日目のbedingではパサンの実家に泊まりました。

宿泊6泊目にヤルンリのベースキャンプへ。
3.jpg
四方を6000m峰に囲まれた美しいところ。
見えている小屋は建設中で中は水浸しで使えませんので、テントを張って快適に過ごしました。

翌日はステイの予定でしたが、メンバーの順応が順調なので天気が良かったらアタックに出ることにしました。
夜に降雪があったので雪面が綺麗ですが、氷河にはヒドンクレパスが各所あり注意が必要でした。
4.jpg
最後はモンブランのような雪稜を登って頂上へ。
5.jpg
パサンの父アンプルバが縫ってくれたタルチョを張りました。
8.jpg
360度絶景の頂上。
6.jpg
バックは名峰ガウリシャンカール。
このフラッグは、エベレストに10回登頂しているもの。
パサンは14回のエベレストアタックで10回登頂している。

この日は頑張ってNA村まで下山。
7.jpg
今回アテンドしてくれたメンバーの一部。
この家族的な登山も、ネパールの魅力。

また、ネパールへ帰って来れたことに感謝します。
詳細はまた随時ブログアップしていきますね。

前の10件 | -