So-net無料ブログ作成
検索選択

強烈・室堂の嵐 [剱立山]

4月17日から悪天になると判断し、16日に一度富山へ帰りました。
再び18日から室堂へ上がりました。
今回はスキーガイドではなく、山岳ガイドです。
剱岳を見たいと国見岳へ向かいましたが、登るにつれてホワイトアウトで何も見えず。
国見岳手前にいるのは解っていましたが、見えないのに登ってもしょうがないので、しばらく待機してから下山。
室堂に戻るのも大変でした。
雷鳥荘に入り、温泉に入って寛いでいたら天気が回復してきました。
10.jpg
大日岳へ沈む夕陽を見ながら美味しい酒を飲む。
日本海側山岳ならではの楽しみですね。

翌日は立山三山縦走の予定でしたが、朝から暴風雪。
この日に帰るゲストを室堂へ送り迎えするのも大変でした。
とにかく降る霰の量が凄くて、翌日以降の状態が心配でした。
デカい霰がアウターの上からでも痛くて、顔に当たった時は失神しそうです。

さて、本日3日目は吹き溜まりに霰が飛ばされ、風当りの良い場所はテカテカです。
室堂山荘からはノートレースでずっとラッセルでした。
吹き溜まりは深いものの硬い雪面もあります。
11.jpg
浄土山の北面からも小さい雪崩が二個出ましたが、むしろ注意すべきは滑落です。
12.jpg
一ノ越に出ると天国のような景色。

強風と氷と岩のミックスに耐えて登ると。
13.JPG
誰もいない、足跡もない雄山でした。

稜線の硬さに苦労しそうなのと、午後から天候も崩れそうなので縦走は諦め。

さて気になる剱岳は。
14.jpg
剱岳が丸くて、なかなかの積雪量です。
来週から剱岳ガイドを始めますがちょっと心配ですね。

今日はいったんリセットで富山に降りました。
明日はスキーを持って上がります。

Facebook コメント