So-net無料ブログ作成
検索選択

鍬崎山敗退の巻 [北陸]

早朝、あわすのスキー場から鍬崎山へ。
雪のないドルフィンコースは急で結構キツイ。
貯水池の鉄管脇を上がり、大品山へ続く登山道は豊富な残雪に覆われていた。
7.jpg
無事に大品山に到着。

しかし、同行のゲストがアウターを忘れて…。
鍬崎山はガスに覆われて濡れが予想される。
予定を変更して瀬戸倉山から降りることにした。
瀬戸倉山から、あわすのスキー場へはとても急で最後はロープを使って下降した。
途中で熊もいた。

Facebook コメント