So-net無料ブログ作成

もうすぐ夏を迎える剱岳 [剱立山]

誰もいない静かな剱岳へ行ってきました。

初日はゆっくり剣御前小屋へ。
19.jpg
夕刻には剱岳も姿を現し、翌日の好天を期待させてくれた。

夜は小屋スタッフと一献。

翌朝は風が強く霧も深かったが予定通り出発。
20.jpg
剱の姿も見えてきた。

平蔵谷は6月だけで3回目。
少しづつ雪の量が減っているのが肌で解る。
シュルントの開き方、クレバスの開き方も。
21.jpg
まだまだ雪渓は安定した状態。
22.jpg
コルがハッキリ見えだしてからが長い。
焦らずゆっくりと登り続けるのが疲れないコツ。
直前でロープ確保をしてコルに出る。

エビルンゼはまだ使えそうだが、そろそろ崩壊しそうな気もしたので、ヨコバイから上がった。
25.jpg
平蔵ノ頭はまだこんな感じ。
でも随分、薄くなってきたので夏シーズンには間に合うかもしれない。
26.jpg
そして誰もいない山頂へ。

昨年は雨で剱澤小屋敗退だったお客様なので、私もひとつ肩の荷が降りた気がする。
剱を夢見て頑張っているのも知っていたし。

下山は平蔵ノコルで再びアイゼンを履き、長い室堂までの道のり。
28.jpg
剱から室堂へ下山することは、下山という言葉が似合わない。
何度登ったり、降ったりすれば良いのか。
29.jpg
平蔵谷出合の大岩も随分出てきた。
先週は頭だけだったのに。

もうすぐ剱沢の小屋も開き、夏を迎える。
昨年は雪渓崩壊で苦労があったが、今年はそれはなさそうだ。
でも、今年は例年になく多い残雪がどのような影響を与えるのか。
剱の登山は雪との闘い。


Facebook コメント