So-net無料ブログ作成

挨拶もほどほどに [Guide]

今週は剱岳を離れ、別な山へ。
ガイドが悪天中止になり、夏休みに入った子供達と急遽立山登山へ。
IMG_2476.JPG
雨の中で頑張り、山頂では晴れた。
天狗平山荘での一夜は子供達には一生の思い出になることでしょう。
IMG_2490.JPG
そして、続いては赤木沢のツアー登山。
残念ながらパッとしない天気で、黒部川源流の水勢に敗退。
薬師沢本流へ変更。
IMG_2519.JPG
薬師沢小屋と太郎平小屋に泊まりました。
最終日の今日はやっと晴れました。
やっと今日から北陸も梅雨明けするんでしょうか。

この薬師岳周辺は登山者が多く、すれ違いが頻繁です。
「こんにちわー」の挨拶も疲れてきます。
20名くらいのツアーとのすれ違いだと正直返事するのも嫌になります。
先頭と最後尾くらいは挨拶するにしても、他の方は会釈で良いのではないでしょうか。
私は2名のお客様をガイドして、3名で行動することが多いのですが、ツアーの先頭のガイドみたいな人が「3名さん、すれ違いでーす」と言われると照れてしまい、急いで通過します。
追い越す時など最後尾の添乗員が「特急が行きまーす」とか。
こちらが恥ずかしくなります。

また、登り優先絶対信仰の日本では、充分すれ違いできる幅広い登山道でも、遥か前方で下山者が待っています。
こちらも気遣いで急いで登らなければならず、さらに各人の「こんにちわー」にも応えねばならず、気持ちが急いて登山を楽しめません。
海外の登山道では、目で合図して余裕がある方がスムーズに動いてすれ違い、挨拶も簡潔で疲れないように感じます。
相手を思いやれば、登り絶対優先ルールは要らないはずで、疲れている人にいちいち声を掛けることも遠慮すべきとなるように思いますがどうなんでしょうか。
返事しないと怒る人もいるし。
世知辛いですね。

Facebook コメント