So-net無料ブログ作成

スッキリしません [剱立山]

夏休みも終わり、午後からゆっくり一ノ越山荘泊。

翌日は龍王岳東尾根の予定で、多少の雨ならお客様のトレーニングにもなるので行こうと思っていたが、雨風強く、しかも8月とは思えないほど寒く低体温の心配もある。
残念ながら中止して室堂へ戻りました。

次の剱へ行くお客様との待ち合わせ時間がかなりあるので、雷鳥荘でゆっくりのんびりさせていただいた。
それから剱澤小屋へ向かうが、雷の音が遠くに聞こえたので急いで歩き、ほとんど被害なく剱澤小屋に無事着くことができた。
私たちが小屋入りしてから、土砂降りの雨になった。

翌日の天気予報が良かったのだが、そんなに期待通りには晴れないだろうと思っていた。
朝4時に出発して、前剱へ登りだしたところで雨が降り出し、深いガスで視界も悪かった。
登山道が解らなくて右往左往している人もいる。
私たちはロープを結んでいるし、お客様二人はかなりクライミング経験を積んでいるので、この程度の雨はまったく問題ないのだが、濡れた鎖と岩に慣れない初心者も誰も帰ろうとしないことに驚いた。
これでは、山岳事故がなくなるはずはない。

自分たちが渋滞の原因になっているのにポーズを取って写真を撮ったり、トンチンカンなリーダーの指示で妙なルート取りをしてみたり。
ひたすら我慢して待つのみ。

山頂ではたくさんの登山者で賑わっていた。
1.jpg
私たちは早月尾根を降りる予定だったが、富山側から吹く強い風と雨で諦めて別山尾根を下ることにした。

ヨコバイも大した渋滞がなくスムーズに降りれたのだが、平蔵ノ頭で下山ルートを大人数で登ってくるガイドグループに驚いた。
私たちが先頭だったので当然注意したのだが、意味が解らないようで、私が上がって説明したら理解できたようだ。
しかし、ショートロープで1対5で繋がっているので戻すわけにもいかず、頭から正規ルートへ誘導したのだが、ゲストの足元はフラフラで恐ろしかった。
数えたわけではないのだが、3名のガイドがおそらく全て1対5のショートロープ。
3名とも下山ルートを上がろうとする考えられない事態。

本人に確認したわけではないが、3名とも登山ガイドステージⅡで剱岳は職能範囲外。
濡れた別山尾根を1対5のショートロープは論外。
滑落を止められる自信があるガイドいますか?

職能を守って日々活動されているガイドの皆さん、どう思いますか?

日本山岳ガイド協会はこんなことすら指導できないんです。
なにが国家資格、なにが山の日なんだと。
職能を守らなくても処分されないなら、高い検定料と貴重な時間を掛けて資格検定など受ける必要ないです。

情けない想いで下山しました。


Facebook コメント