So-net無料ブログ作成
検索選択

剱岳長次郎谷 [剱立山]

先週は雑穀谷でガイド仲間とトレーニングしたり、久しぶりに妙義でガイドしたり、東京へ出張したりでした。

この週末は剱岳へ。
2.jpg
この剱澤小屋の風景を眺めると夏がやってきた感じがします。

天気予報があまり良い感じではなかったのですが、どんどん好転していき、日曜日は最高のコンディションに恵まれました。
1.JPG
長次郎谷からの登頂!
3.jpg
ⅠⅡ峰間ルンゼ前の滝は顔を覗かせています。

今シーズンの雪の少なさは異常です。

でも、長次郎谷は今がベストな感じです。
4.JPG
無風快晴の山頂に!

今回も剱に歓迎されました!

下降は平蔵谷です。

明日からは八ッ峰に行く予定ですが、山の天気はどうでしょうか?

春の剱立山 [剱立山]

GWが終了した後は、ほぼ毎日、室堂周辺でガイドをしていました。
2.JPG
だいたいスキーで、たまに立山三山縦走やら龍王岳東尾根や北面フランケなど。
1.JPG
ずっと快晴が継続し、気温も高く、融雪が進んできました。
とくに直近4、5日で一気に雪量が減りました。

もうすぐ滑りのシーズンも終わりで寂しい感じがします。
雪が少ないと言われたシーズンですが、私は大変楽しめました。
いつものことながらお客様に恵まれ、剱立山周辺で多くのガイド活動ができたことに深く感謝です。
お客様、雷鳥荘の皆様、いつもありがとうございます。

さて、これからは春の剱岳登山シーズンが始まります。
0.JPG
昨日は剱澤小屋泊で平蔵谷から往復して来ました。
4.jpg
雪の量は例年の6月下旬という感じでしょうか。

平蔵谷出合では源次郎尾根側からの岩雪崩で右半分が埋まっています。
中谷ルート3ピッチ目の部分が丸ごと落ちています。(中谷ルートを最後に登ったのが15年くらい前なので記憶が定かではないですが)
まだ、細かい落石が続くと思われますので、平蔵谷を登る時は左側を意識して行った方が良いでしょう。

中間部や上部もクレバスが空きだしているところがあります。
深い穴もありますので要注意です。

詰めは雪量が少ない分、斜度が急に感じます。

南壁ルンゼは、行けなくはないですがクラックも入っていて、最後の部分はシュルンドも開き出しているので危険です。

雪渓の状況は毎日変わりますので、自身の判断が全てですが以上参考まで。

平蔵のコルから頂上までは、ルートさえ間違わなければアイゼンは必要ありませんが、祠手前のリッジに少し雪が残っていますので、ピッケルは必携でしょう。
しかし、明後日からの雨でまた状況は変わるでしょう。

春の剱は状況が毎日変化するので、多様な条件に対応できる経験豊富な登山者がチャレンジする山です。

私は剱に何十回登っても、春の第一回目の登山はとても緊張します。
やはり過去の経験や他人の話は参考程度にしかならず、行ってみて自分で判断してベストの行動を選択するという登山において当たり前のことを間違わずに行わなければならない。
そのプレッシャーは恐怖ですらあります。

ネットを見て、快晴の登山の自慢話を鵜呑みにしてくる山ではありません。

今シーズンも楽しく、安全に剱ガイドをやっていきます。
よろしくお願いします!


GWも終わり [剱立山]

今年のGWは日本で過ごすことになった。
例年春秋に出掛けているネパールへ行けないことはとても残念です。
何日も山のことだけを考えられるネパール登山は、やはり贅沢なものだ。
行けないとなると、つくづく残念に思う。

このGWは連日風が強く、雨の影響もあって雪面が硬くて事故が多かった。

せっかく山へ行くのだから準備をしっかりと、そして山に対して憧れを持ちながらも謙虚な姿勢でいたい。
そんなことを今GWでの事故報道を耳にするたびに思う。

私は5月2日からガイド業に復帰しました。

5月2日は龍王岳東尾根へ。
スキーも持っていきました。
快晴の中、急な雪面とリッジを登るのはとても気持ち良い。
龍王岳頂上から浄土山へ行くと、某有名山岳雑誌のインタビューを受ける。
1.jpg
そして、雷鳥荘にて宿泊。
三輪君の友人達が来ていて、彼の話をできて良かった。
みんなとても良い人達だった。

翌日は室堂山周辺を滑ってから、お客様と解散。

5月3日からは某TV局の番組取材をアテンド。
しばらく、室堂滞在でした。
ずっと天気が悪くて、登山者もスキーヤーも少なく、寂しい室堂でした。

5月7日から8日は薬師岳へスキーに。
0.jpg
登頂できたお客様とできなかったお客様がいて残念だったが、快晴の中で楽しいスキーができた。
来年からは、この北アルプスど真ん中スキーを恒例行事にしたい。

5月9日はシスターズと千畳敷へスキーに。
落石で石が点在しているので、踏まないように気を付けて。
予想された雨もほとんど関係なく楽しめました。

しかし、珍しくその後に風邪をひいてしまいました。

ネパールへ行ってくれたメンバーがメラピークへ登頂し、無事にBCへ下山したというニュースが入ってきました。
まずは一番気になっていたことが終わり、一安心!