So-net無料ブログ作成
検索選択

初めての朝日小屋 [北アルプス]

6月27日から初めて朝日小屋へ行きました。
0.JPG
とっても良い場所でした。

宿泊予約の電話を入れた時、Yさんに「蓮華温泉何時に出るの?」と聞かれ「10時くらいかな」と言ったら「え~!!」と。
「普通はみんな5時に出るのよ。せめて、7時には出なさい」と言われました。
私、はっきり言って舐めてました。
コースタイム8時間くらいの一般道なら5時間で楽に着けるだろうと。

で、6時半に蓮華温泉を出発しました。
とても距離が長く、木道で体力を吸い取られたお客様がすっかりバテテしまい、朝日小屋は15時半に到着。
すごく敗北した気分でした。

でも、途中の花は素晴らしく。
2.JPG
2.png
3.JPG
花の名前は解らないが、こんな美しい場所と巡り合えて幸せでした。

まだ部分的にアイゼン&ピッケルは必要です。
4.JPG
バテバテのお客様をロープで引っ張り頂上へ。

朝日小屋へ向かう下りも長くて。。
吹上ノコルでYさんに電話入れておいたので、心配してくれた小屋スタッフが迎えに来てくれました。
5.JPG
初めての朝日小屋。

とても清潔感が溢れ、一発で気に入りました。
6.JPG
とても美味しい家庭的な味です。
7.JPG
全てがとても美味しかったです。
8.JPG
小屋のスタッフと一緒に食べた夕食は良い思い出になります。

二次会も楽しいお話を伺いながら、夜も更け。
お客様2名も、もう一泊しようかと真剣に検討していました。

翌朝は、ラジオ体操も楽しく。
また美味しい朝食をいただいてから雨の中を下山。
9.JPG
ゆかりさんに見送られて!

また、秋に栂海新道を企画して来ようと思いましたが、近日また訪れてしまうような気がします。

しかし、帰りも長かった。。
良い山、良い小屋、なんか想い出深い二日間になりました。

梅雨の晴れ間の岩稜 [妙義山]

6月25日の星穴岳は雨のため中止。
26日は梅雨とは思えない爽やかな風の中、某岩稜ルートをクライミングしました。
100.jpg
筆頭岩ではありませんよ。

誰も来ないのでいつも貸し切りです。

講習な日々 [マイライフ]

6月20日は好日山荘銀座店さんで「剱岳の魅力」と題して机上講習会を。
その前にグラビティで登らせていただきました。
0.jpg
高さは低いですが、楽しめる壁です。

さて、夜は講習です。
1.jpg
会場が早期に予約で満員となり、聴けなかった人が20~30名くらいいるそうです。
まだ、告知していませんが、秋にまた銀座と池袋で開催しますのでよろしくお願いいたします。
終了後は、銀座で旧知の仲間と乾杯!
楽しい夜でした。

翌朝、羽田から飛行機で富山に帰りました。

22日は快晴の中、長野の物見岩でクライミング講習。
お客様3名+現地クライマーの辻君も一緒です。
2.jpg
私は初めて行きましたが、壁が見渡せて講習しやすい岩場でした。

翌23日もクライミング講習予定でしたが、雨のため中止。
夜は富山国際会議場で日本山岳ガイド協会の安全登山講座。
3.jpg
終わってからは久しぶりに朝まで飲みました。

本日土曜日は妙義の星穴岳でしたが、雨の為中止し、明日から妙義入りします。


灼熱の赤谷山 [剱立山]

6月17日の富山は朝には雨も止み、予定通り雑穀谷クライミング講習を催行。
5.jpg
湿り気もあったが、この程度は剱岳のクライミングでは当たり前。
まったく問題なし。

18日からは赤谷山&猫又山で大猫山を経て縦走予定。
0.JPG
昼のスタートだったので、予報通り暑い!

稜線上も水は作れなそうなので、戸倉谷出合から水を持ち上げた。
1.JPG
ブナクラ峠へ着いたが、お客様の体調が悪くなり、赤谷山テントを諦める。
この時点で、翌日の行動が限定されてきた。
昼過ぎから雨の影響も出そうだし。
2.JPG
ここでテントを張るがブヨがたくさんいて刺されまくり、横にある池塘にはカエルがいて、一晩中大合唱!

痒くて、睡眠不足でとても不快な朝を迎えた。

それでも、赤谷山からの剱岳北面は素晴らしい。
3.JPG
赤谷山には、まだ雪もしっかりあった。
赤谷山までは、嫌らしく残っている谷筋の雪もあり下降はロープを結んで…。

とても、猫又山を経て下山する余力もなく、テントを撤収してブナクラ峠から降りる。
4.JPG
かなり消化不良の山行だったが、この暑さでは仕方ないか。

でも、この界隈を縦走するには、雪の処理とか体力面とかもっとトレーニングを積んで参加した方が楽しいと思います。

北陸も梅雨入りかぁ! [剱立山]

6月11日から剱岳へ。
剱澤小屋も剱御前小屋も閉まっているので、テントを持っての入山です。
9.JPG
今回、一番の感動はこれ!
10.JPG
伊藤君が作ってくれたカレーです。

カレー屋さん、開業したら儲かるかもね。

翌朝は剱岳に傘雲が掛かり、厳しいかなと思ったのですが、一日良い天気でした。
11.JPG
別山尾根を下ってみましたが、まだまだ不安定で雪が残る箇所もあります。

雷鳥荘で1泊して、13日は雨の中下山。

14日は雄山東面へ。
しかし、天気の回復が遅れ稜線は霧雨で視界はまったくなし。
龍王岳東尾根はまだ見えているので、そちらへ転進しました。
昼には回復するだろうと思ったのですが、雨は強まるばかり。
12.JPG
これだけ濡れると岩場も厳しくなります。
16.jpg
結局、最後まで雨は止まず。
13.JPG
山頂は風もあって、とても寒く下界の暑さがウソのようです。

下山して、すしだるまへ行きました。
14.JPG
もう、夕飯時になりました。
15.JPG
ここもなかなか美味しいです!

15日、16日の仕事は天気が悪そうで中止。
初めて、フクベへ行ってみました。
17.JPG
やはり、濡れていました。
雨も時々強くなり、まるっきり成果なし。

北陸も梅雨入りしましたが、ほどほどにして欲しいものです。

今夏も、たくさんの剱岳登山の申込や問合せを多数、いただき感謝いたします。
私はバリエーションルートを依頼されることが多いのですが、基本的に初めてお会いする人をいきなり剱岳のバリエーションルートにはお連れしておりません。
事前にお会いして、山に一緒に登って、その方の登山力と行動パターンを把握してからお連れします。(詳しい登山経歴などが解っている方は別ですが・・・)
また、私はご希望ルートの登頂を約束することもできません。
天気などの状況により、ルート変更や中止はあり得ます。
その場合でも、ご相談の上で楽しんでいただけるよう精一杯の努力は致します。

そこのところは充分ご理解した上で、お申込みいただけるとありがたいです。



飯士山負欠スラブへ [ハイグレードハイキング]

6月10日は飯士山負欠スラブへ。
前日の雨の影響でアプローチはずぶ濡れの藪漕ぎ。
取付いた時にはパンツまでビシャビシャでした。
でも、岩は乾いていて快適でしたよ。
7.jpg
ここはいろんなルートが取れますが、中央の最も長いラインを登りました。
8.jpg
支点は1個もないので、落ちると終わりです。
でも、乾いていれば落ちることもないです。
広大なスラブはとても気持ち良いものですね。


好日山荘金沢店にて [マイライフ]

6月9日は好日山荘金沢店にて机上講習を!
6.jpg
剱立山のお話をしてきました。
今夏もたくさんの方に剱立山を登って欲しいと思います。
事故がないよう楽しんで帰っていただけたらと願います。
次回は6月20日好日山荘銀座店で行います。
現在、40名定員が既に満席ですが、キャンセルも出るかもしれないので店頭にお問い合わせくださいね!
冷やかしはダメですよ!

剱岳の小屋も閉まりました [剱立山]

5月31日から八ツ峰に行く予定だったが、強い寒気の影響を受けそうだったので中止転進して、笠置山へ二日間のクライミングに向かった。

私は初めて訪れたのだが、ルートもなかなか内容が濃いエリアで、ボルダリングも下地の良い課題が多くて楽しかった。
0.jpg
この時計台は4級だがムーブが楽しかった。
また、秋になったら訪れたい。

週末は先週に引き続き、剱岳長次郎谷へ。
剱澤小屋を朝4時に出発。
30分で長次郎出合へ。
1.jpg
先週と状況は変化なし。

早くもⅠⅡ峰間ルンゼ前の大滝が見えだしている。
例年の7月末か8月頭の状況か。
今年の異常な雪の少なさを表わしている。

左俣は綺麗に長次郎ノコルまで続いている。

2.jpg
快適に山頂到着。

晴れてはいるがとても寒い朝だった。

下山はヨコバイから平蔵谷下降。
3.jpg
春はMIZO彗星を使っている。
溝渕さんの家で10数年前に一目惚れして手に入れたものだが、私はピッケルをとても大事に使っているので綺麗なままだ。
無駄に力任せに使わずに丁寧に引っ掛けて使うと良いですよ。

剱澤小屋に戻り、まったり休憩。
ここは居心地が良い小屋だ。

6月5日にて春の小屋締めで、私達が最後の客になった。
窓を封鎖したり、水路のチューブを締まったりする作業を見ていると山小屋維持は大変な労力なのだと改めて感じた。
小屋の開け閉めの手間や水の苦労などを考えるとこの時期の営業については、宿泊料金を上げても良いのではないかと感じます。

剱澤小屋も剱御前小屋も閉まったので、剱に入山される方は注意してください。

私達は雷鳥荘に宿泊し、6月6日はシーズン最後のスキー。
4.jpg
この時期、雷鳥の動きが激しい。
雷鳥調査の方々も活発に活動されていました。

スキーはちょっと難しいコンディションでした。
5.jpg
浄土山、三ノ越下を滑って終了。

今シーズンは思う存分スキーを楽しめました。
いったい何日滑ったんだろうか。
もう充分満足です!
と言いながら早くも11月を楽しみにもしております。

長次郎谷出合から剱岳山頂へのログです(Garmin fenix 3J)

こういうデータを客観的に見るのも良いものです。