So-net無料ブログ作成

剱沢から八ツ峰へ [剱立山]

8月20日に剱澤小屋から剱沢雪渓、長次郎、八ツ峰上半縦走で本峰へ行ってきました。
剱沢雪渓の状況が心配だったので、ゆっくり明るくなってから出発しました。

この日時点で私達が通過した際の状況です。
剱澤小屋を出発してから長次郎谷まで一度も左岸には渡りませんでした。
1.JPG
平蔵谷出合付近の様子。
2.JPG
雪渓には降りないようテープがありました。
3.JPG
右側の残置ロープを使用して右岸を巻いていきます。
4.JPG
足元は崩れやすいので注意が必要。
5.JPG
スラブを渡る箇所には木道が固定されています。
6.JPG
ハシゴを降りる。
7.JPG
巻道のすぐ脇の雪渓。
8.JPG
このように薄く、崩壊が継続している個所もあります。
9.JPG
長次郎谷出合に近づく箇所。
10.JPG
最後の赤旗からアイゼンを履いて長次郎谷へ入りましたが、ここは安定した感じでした。

私は剱沢雪渓上を歩く自信がまったくなかったので、巻道を忠実に下りました。
雪渓の状況は今後も大きく変化すると思いますので、あくまで8月20日の状況として参考まで。

この後は、長次郎雪渓を上がりましたが、特別な危険は感じず通常の秋の状況に感じました。
ⅤⅥのコルより八ツ峰、本峰へ行きましたが、池ノ谷乗越から雨に降られ、深いガスで視界がない状態でした。
山の状況変化は恐ろしいもので、剱岳は特に厳しいものです。
謙虚な気持ちで、与えられた状況を一個づつ、丁寧に処理していくことが大切だと改めて思いました。


快適な剱岳本峰南壁 [剱立山]

盆明けの剱岳は秋を感じさせる爽やかな風が吹いている。
初日は雨に降られ、翌日も微妙な天気予報だったが、天気予報は外れるだろうという確信があった。

そしてやはり晴れた。
珍しく剱澤小屋でゆっくり朝ごはんを食べてから出発。
平蔵ノコルより南壁A2の取付きへ。
今シーズンは既に数パーティが登っているので、浮石もなく至って快適。
1.JPG
天気予報が悪かったせいか、下りの別山尾根も誰もいない。

ちょっとの雨予報で最近の登山者はすぐに中止するらしい。

翌日も剱岳に登る予定だったが、この日は3時半に出発しようと外に出たら雨が降り出し、本降りの土砂降りに。
中止して、雨が小降りになってから室堂へ向かった。

この日は三輪君のご家族が雷鳥荘に来る日。
夕方になって、やっと晴れてきた。
2.jpg
短くとも充実した人生だった三輪君のことを遅くまで語り合った。
たった一週間の勤めだった雷鳥荘でも、各従業員に強烈なインパクトを残したようだ。
時々、こうして彼の話をすることは今後も続けたいものだ。

今朝、ご家族は雄山登頂に向かわれた。

北鎌尾根2016 [北アルプス]

北鎌尾根へ行ってきました。
お客様のご夫妻は10年以上のお付き合いで、なぜか北鎌尾根にずっと登れなかったのです。
気が付いたら70歳過ぎているし…
しかし、ついに最高のコンディションで登ることができました。

初日は上高地から北鎌沢出合まで。
7.JPG
お手伝いしてくれた伊藤君の特製カレーです。
これで元気が出ましたね!

翌朝は暗いうちに出発。
北鎌沢の登りも涼しいうちに突破でき、北鎌尾根稜線上は快適な風とちょうど良い気温で快調なペースで独標を9時に越えることができた。
5.jpg
ここからもペースが落ちず、ゆっくりと眺めを楽しみながら槍に向かいました。

北鎌平でゆっくり休憩して、いよいよ穂先へ。
6.jpg
14時少し前に槍ヶ岳山頂へ。

長年待った甲斐がありました。
私もたぶん30回目の北鎌ガイドですが、過去最高の条件で登ることができました。
ご夫妻もそうですが、私も長年引っ掛かっていたものが全て取れたような気持です。
8.JPG
ホントに美味しい生ビールでした。
北鎌尾根のガイドは過去いろいろなドラマがありました。
今回も大きなドラマを作ることができました。
すべてに感謝です!