So-net無料ブログ作成

もうすぐ夏を迎える剱岳 [剱立山]

誰もいない静かな剱岳へ行ってきました。

初日はゆっくり剣御前小屋へ。
19.jpg
夕刻には剱岳も姿を現し、翌日の好天を期待させてくれた。

夜は小屋スタッフと一献。

翌朝は風が強く霧も深かったが予定通り出発。
20.jpg
剱の姿も見えてきた。

平蔵谷は6月だけで3回目。
少しづつ雪の量が減っているのが肌で解る。
シュルントの開き方、クレバスの開き方も。
21.jpg
まだまだ雪渓は安定した状態。
22.jpg
コルがハッキリ見えだしてからが長い。
焦らずゆっくりと登り続けるのが疲れないコツ。
直前でロープ確保をしてコルに出る。

エビルンゼはまだ使えそうだが、そろそろ崩壊しそうな気もしたので、ヨコバイから上がった。
25.jpg
平蔵ノ頭はまだこんな感じ。
でも随分、薄くなってきたので夏シーズンには間に合うかもしれない。
26.jpg
そして誰もいない山頂へ。

昨年は雨で剱澤小屋敗退だったお客様なので、私もひとつ肩の荷が降りた気がする。
剱を夢見て頑張っているのも知っていたし。

下山は平蔵ノコルで再びアイゼンを履き、長い室堂までの道のり。
28.jpg
剱から室堂へ下山することは、下山という言葉が似合わない。
何度登ったり、降ったりすれば良いのか。
29.jpg
平蔵谷出合の大岩も随分出てきた。
先週は頭だけだったのに。

もうすぐ剱沢の小屋も開き、夏を迎える。
昨年は雪渓崩壊で苦労があったが、今年はそれはなさそうだ。
でも、今年は例年になく多い残雪がどのような影響を与えるのか。
剱の登山は雪との闘い。


雷鳥荘での秋のイベント [MFA]

富山の岩場「雑穀谷」で初めての方に向けたクライミング講習会を行いました。
31.jpg
富山の登山専門旅行会社「あるくトラベル」主催で12名の方に講習してきました。
皆さん、はじめての体験に大喜びでした。
また、次回すぐに開催して欲しいとの声もあり、リクエストにお応えしたいところです。

終了後はこのまま室堂へ。
17.jpg
この夜は立山がとても良く焼けました。
15.jpg
奥大日岳と富山湾のオレンジが綺麗です。

翌日は雷鳥荘スタッフ向けにロープワーク講習とMFA講習を。
18.jpg
秋には雷鳥荘へ救急医療ドクターの伊藤岳先生をお招きし、あるイベントを開催します。
もうすぐ告知が始まりますので乞うご期待!

剱岳平蔵谷 [剱立山]

剱岳へ行って来ました。
春は平蔵谷が快適です。
初日はとても天気が良かったのですが、笠雲がたくさんあって悪天の兆し。
IMG_1786.JPG
雷鳥坂を上り、剱御前小屋へ。

そして2日目は3時から出発の様子を伺うが、霧雨と爆風でずっと待機。
そのまま一日中、待機となりました。
IMG_1804.JPG
午後になって、やっと風も落ち着いて来ました。

そして3日目は平蔵谷からの登頂。
4時に出発して劔沢の下降。
IMG_1812.JPG
平蔵谷はまだビッシリ雪が詰まっています。
前回より傾斜は感じますが、6月中旬としては素晴らしいコンディションです。
IMG_1815.JPG
最上部はエビルンゼを登って、タテバイの上まで出ます。
IMG_1820.JPG
アックスがビシビシ決まって気持ちいい雪壁です。

そして8時ちょうどに。。。
IMG_1823.JPG
涙の山頂へ。

二人とも初めての剱岳を雪たっぷりの平蔵谷からで良かったと思います。
IMG_1829.JPG
帰路はヨコバイを使いました。

2日目が物凄い荒天で、3日目が物凄い好天で、お二人は剱岳の二つの顔を見ることができて素晴らしい経験になったことと思います。

私は翌日がどうしてもキャンセルできない仕事のために一応の安全圏である劔澤小屋で解散しました。
二人は剱御前小屋にもう一泊してから下山しました。

でも、やはり一緒に降りるべきだと酷く後悔しました。
一緒に下山を祝いたかった。
そこだけが心残りです。