So-net無料ブログ作成
国内クライミング ブログトップ

金華山へ [国内クライミング]

東日本大震災の時、私はヘルニアによる腰痛で病院に通いながらガイド業を行う情けない状態でした。
ガイド協会や仲間のガイド達が支援に出掛けていても私は何も助けることができませんでした。
せめてとの思いで、シュラフやコンロ、衣類などを被災地に送ったのみです。

最近、金華山でボルダリングによる観光振興活動を行っているグループの存在を知り、まずは金華山へ行ってみたいと思うようになりました。
そして、こちらにクライアントや仲間のガイド達を案内することができればと。

ボルダリング適期はガイド業が忙しくて、とても時間は取れず、梅雨の時期にやっと時間を取ることができました。でも6月末は、蛇、ヒル、アブが発生し、とてもクライミングどころではないという情報も得ました。
私の蛇嫌いは有名なので説明するまでもありませんが、それでもやっと作れた時間なので金華山を見てみたかったのです。

6月27日、事務仕事を片付けてから富山を出発。途中、新潟にグラビティリサーチができたということで寄ります。
11.JPG
なかなか美しい壁で内容も濃いです。小さなスペースで最大限の楽しみを得られるよう工夫されています。

郡山で一泊し、28日午前に女川に入りました。
被災の痕が今でもあり、哀しくなりました。
雨も時折強く降り、ボルダリングは無理かなと思いつつも一応マットは持って行きます。
16.JPG
女川から金華山への船は一日一往復のみです。
翌日は悪天欠航が決定しており、たった数時間ですが行ってみます。
14.JPG
海鳥がいっぱい寄ってきます。
小さい船に大きなボルダーマットは邪魔かなと遠慮しつつも、船員達はフレンドリーに置き場所も気を使ってくれました。
15.JPG

今回は滞在時間が限られるので、一番近いプチ千畳敷エリアへ行ってみました。
ストッキングを履いて、ヒル避けスプレーして向かいます。
13.JPG
鹿がたくさんいます。
20.JPG
心配していた雨も止み、日差しが暑いくらいです。金華山に歓迎を受けたようです。
徒歩30分くらいで着きました。
19.JPG
こんな白い岩がゴロゴロしています。ハイボルダーもあります。
側壁にはリードルートが作れそうな場所も。

今回行ったエリアです。
17.JPG
プチ千畳敷エリアだそうです。短い時間、登れただけでも良かったです。

港方向に帰り、金華山黄金山神社でお参り。
18.JPG
三年連続で参拝するとお金に困らないそうです。
お金は余分にあると碌なことがない。私は海外の山に年2回くらい行けるお金があればいいなと思います。

仙台に戻ったら、夕方から大雨。29日は早々に富山に帰りました。
金華山も弾丸でしたが、雰囲気を感じ取ることができ良かったです。
秋にクライアントを沢山連れて再訪することにしました。
侍浜などと絡めれば、とても楽しい東北クライミングツアーになるはずです。

金華山で被災地復興活動を行うファーストアッセントのTシャツです。
21.JPG
皆さんも是非購入してください。
ファーストアッセントの活動はhttp://first-ascent.org/

GECKOにて [国内クライミング]

今日は地元のお客様とGECKOでジム講習でした。今日の富山は本降りの雨です。また明日から雪のようです。ふ~
SANY0001.JPG

佐久で蝉 [国内クライミング]

今日は佐久の岩場へ行きました。一本杉エリアでした。
とりあえず11aのルートを登ってトップロープを張りました。
DSCN1103.JPG
万里子蝉が鳴いておりました。ガンバ!
DSCN1104.JPG

兜岩で仕事始め [国内クライミング]

1月4日の仕事始めは甲府の兜岩へ行きました。やはり関東は暖かいです。
年始から悪夢5.10cにはまるIさん
DSCN1098.JPG
九州から来てくれたAさん
DSCN1095.JPG
新しく本郷組に入会してくれたAさん
DSCN1096.JPG
岩が大好きなKさん
DSCN1099.JPG
上達が著しいHさん
DSCN1100.JPG
翌日は佐久へ移動です。

佐久の岩場 [国内クライミング]

13日は小川山烏帽子左稜線へ行く予定であったが、金曜晩に私が風邪で38.8度の熱が出て飯島Gにお願いしてしまった。日曜は佐久の岩場へ行こうと全員で上田のA達家で前泊させてもらう。風邪で調子が悪いのでお酒もそこそこにゆっくり寝かせてもらった。
DSC00041.JPG
A達家ではミニチュアダックスを2頭飼っているので私もレオ君を連れていきました。

佐久の岩場は初めてでしたが下地が良く、講習に適した場所です。エリアも広く気兼ねなく登れます。
DSC00050.JPG
T野さんは10aにオンサイトトライしますが撃沈。後で私が登ってみるとこれが10a?というようなルートでした。終了点直下は泥と刺で痛いし、ボルト位置が悪くなんとも理解不能なルートでした。
DSC00048.JPG
H岩さんは10dにトライ
DSC00043.JPG
飯島Gは10bにトライして1時間経過しても同じ場所に張り付いていました。
DSC00045.JPG
犬達は勝手に遊んでくれてました。

この日は天気も良く、気持ちいい岩場で一日を過ごすことができました。今度またゆっくり訪れたい場所です。

久しぶりに日和田へ [国内クライミング]

今日は久しぶりに日和田へ行きました。お客様が6名参加していただいたので、飯能・山遊人の小川ガイドにお手伝いしていただきました。
002.JPG
月末、ランタンに行く方は様々な形態のユマーリングも練習しました
006.JPG
79歳のO田さん 凄いですね~
005.JPG
飯能・山遊人の小川店長も頑張ります
010.JPG
頑張ってますね~
007.JPG
相変わらずの女岩 この蒸し暑さと蚊 日和田は変わらず迎えてくれました
この岩場がいつまでも登れるよう、大切にしましょう。
雨が心配でしたが早くに上がり問題なく登れました。
明日は戸隠に入るため、長野駅前のホテルに移動してきました。

富山のジムにて [国内クライミング]

12日は富山のGECKOで、地元のお客様にクライミング講習。
DSC01897.JPG
約3時間みっちり登りました。

日和田で復帰 [国内クライミング]

今日2月2日は日和田で久しぶりにガイド復帰です。昨晩の大雪で誰も来ず、我々だけでした。当り前か。
男岩の上から撮りました 樹木に大量の雪が溜まります
001.JPG

中止にしようかとも思ったのですが、今夏マッターホルンへ行くお客様なのでアイゼン手袋で登りました。
寒くて岩はビシャビシャで手はかじかみ、ダウンを2枚着て着膨れ、クライミングシューズと素手で登る気分じゃありません。おかげで私も良い練習になりました。繰り返し男岩南面をアイゼンで登り、クライムダウンの繰り返し。
010.JPG

帰りに飯能駅前に山遊人に寄り、買い物をしてから帰宅しました。広くはないお店ですが、いいものが置いてありますよ。

大沢ボルダーへ行ってきました [国内クライミング]

今日は大沢ボルダー開放イベントへ行ってきました。
平山ユージ氏もゲストで参加。息子はジャケットにサインを戴きました。
015.JPG
ボルダーマットに挟まれて
023.JPG
初級者は勝井インストラクターにボルダーのいろはを習います
027.JPG
で、登ってみます
031.JPG
で、私も登ってみました
056.JPG
っで、僕も登ります
045.JPG
DAXブースでは大安売り
036.JPG

200名を超える集客だったようです。なんとかうまく御前岩解禁に繋がるといいです。

大沢ボルダー [国内クライミング]

banner.jpg
奥多摩に20年来入山禁止となっているクライミングエリア「御前岩」というものがあります。その近所にある大沢ボルダーエリアがこの度、公開されイベントを開催することになりました。
大沢でのイベントを開催することはクライミングの実態を地元の方々にお伝えするためにも良いチャンスです。危険なイメージを持たれがちなクライミングですが、大勢のクライマーが集うことで観光産業のひとつとして地域から理解されるようにしたいと切望いたします。皆さまもできるだけ御協力・参加いただけるようお願い申し上げます。

日時:2010年1月31日(日)午前9時より
場所:Tokyoトラウトカントリー
参加費:1000円
駐車料金:1台500円
ゲスト:草野俊達、平山ユージ

私も頑張って参加いたします。
国内クライミング ブログトップ