So-net無料ブログ作成
海外クライミング ブログトップ
前の10件 | -

Yalung Ri&Rolwaling trek 支援 [海外クライミング]

simigaonとbedinに日本の山岳6団体からの支援で学校が再建された旨のプレートがありました。
9.jpg
bedinの学校ではちょうど給食の時間で一緒に食事の席を共にしました。
11.jpg
親がいない子供が多いので、全部無償で教育が受けられるそうです。
10.jpg
野口健さんの支援テントも各所に見られます。

このトレッキング中は地震の傷跡がまだ残るところもありました。
私も地震の半年後に支援金を集めて、困っているシェルパ達へお金を渡しにカトマンズへ行きましたが、この地には何も支援していません。
でも日本人というだけで感謝され、ちょっと違和感を覚えました。

そして、支援に名前を残さなくてもいいのではないかと個人的には思います。
私にはわからない事情がいろいろあるのかもしれないですが。



Yalung Ri&Rolwaling trek 速報 [海外クライミング]

5月GW明けからネパールへ行ってきました。
あの大地震から二年経ち、久しぶりのネパール登山となりました。
サーダーのパサンにお願いして、彼らの故郷であるロールワリンをトレッキングして、ヤルンリ(5630m)を登ってきました。
標高は低いですが、他に登山者も少ないエリアで自分たちだけの登山を楽しむことができ、とても良い経験でした。
1.jpg
今回はパサンの他に、お馴染みのパサンカミ、コックはケサラなど定番メンバーで。
また、パサンの奥様、娘さん、ニマの息子なども同行して、楽しいファミリートレックとなりました。

2.jpg
宿泊3日目のbedingではパサンの実家に泊まりました。

宿泊6泊目にヤルンリのベースキャンプへ。
3.jpg
四方を6000m峰に囲まれた美しいところ。
見えている小屋は建設中で中は水浸しで使えませんので、テントを張って快適に過ごしました。

翌日はステイの予定でしたが、メンバーの順応が順調なので天気が良かったらアタックに出ることにしました。
夜に降雪があったので雪面が綺麗ですが、氷河にはヒドンクレパスが各所あり注意が必要でした。
4.jpg
最後はモンブランのような雪稜を登って頂上へ。
5.jpg
パサンの父アンプルバが縫ってくれたタルチョを張りました。
8.jpg
360度絶景の頂上。
6.jpg
バックは名峰ガウリシャンカール。
このフラッグは、エベレストに10回登頂しているもの。
パサンは14回のエベレストアタックで10回登頂している。

この日は頑張ってNA村まで下山。
7.jpg
今回アテンドしてくれたメンバーの一部。
この家族的な登山も、ネパールの魅力。

また、ネパールへ帰って来れたことに感謝します。
詳細はまた随時ブログアップしていきますね。

カトマンズに着きました [海外クライミング]

IMG_1163.JPG
本日、カトマンズに着きました。
空は青かった。
クラクション禁止の法律が3週間前にできたそうで、車道は凄く静かです。
あの喧騒が懐かしく思えます。
IMG_1169.JPG
パサンとナビン、信頼感満点のふたりと打ち合わせ。
IMG_1197.JPG
そして親友シャンタの店で地図など、情報収集。
観光客のいない小さな山へ明日から向かいます。
ネパールの自然をたっぷり楽しめるような気がします。
では、二週間後に!

Dolomite2014夏・楽しい日々 後編 [海外クライミング]

ドロミテへ来て3日間は天気に恵まれたが、4日目からは雨予報。
20.JPG
リコの提案で雨でも濡れないフリークライミングエリアがあるとのことでLANDROに来た。

地元のクライマーがいっぱい集まっていた。
31.jpg
ルートが長く30mは軽くあるルートばかり。
ここだけ目的に来ても楽しいだろうな。
7本くらい登ることができ満足。

午後から雨がどしゃ降りになったのでリコの知り合いのレストランへ。
19.JPG
イタリアらしいお洒落で美しいレストランだった。
18.JPG
このレストランが管理する何世紀前かの協会に特別に入れてもらった。
これもリコのアテンドのお陰。
21.JPG
ホテルに帰り、夕食後にホテル前のバーで。ちょうどワールドカップの決勝で店内は盛り上がっていた。
決勝がアルゼンチン対ドイツ。ドイツ人がコルチナに沢山いたので街内はパニックになるかと思いきや。
意外とクールに過ぎて行きました。

翌日は朝から雨でDobiacoの室内壁へ。
ホントは月曜は休みなのだが、リコが前日に交渉してくれて我々だけのプライベート使用に!
16.JPG
20mオーバーのデカイ壁。
30.jpg
幅も高さも文句なしの素晴らしい環境。
15.JPG
たっぷり楽しむことができました。

我々はこの日で帰国なので、お世話になった三輪さんグループと別れベネチアへ。
やっぱり短すぎる。寂しい!!

昨年もそう思ったのに。
国内での夏のガイドが忙し過ぎて、1週間の期間しか取れなかったことを後悔した。
やっぱり、2~3週間レベルでこの地で登っていたい。
帰りのドライブでそう思いました。
32.jpg
来年は登りたいルートが沢山あります。

14.JPG
今回お世話になったアウディA4アバントです。素晴らしい走りでした。

33.jpg
そして毎日のディナーはここで。
安くて美味しいイタリアの定食屋です。
ピザもパスタもワインも最高の味でした。

この地の魅力を教えてくれた三輪ガイドに感謝です!
ホテルも、レストランも、なじみの登山道具屋も、道路も全て紹介してもらいました。
そして何よりコルチナの素晴らしいガイドを。

では、また来年!
必ず戻ってきますよ!


Dolomite2014夏・楽しい日々 前編 [海外クライミング]

7月9日からドロミテへ行ってきました。
今回はトルコ航空を利用しましたが、とてもホスピタリティ溢れた良いサービスでした。
成田を夜7時に出て、ベネチアに朝着くという、とても効率的な旅ができます。
13.JPG
トランジットは懐かしのイスタンブールです。「アルメニアン?」と言われたショックがまだ残っています。

ベネチアでレンタカーを借りて、快適ドライブでコルチナに昼過ぎに到着。
12.JPG
ちょうどホテルロイヤルに着いたら、三輪ガイドと嶽ガイドのパーティもちょうど帰ったところで再会をお祝!
コルチナに来るきっかけを作ってくれたお二人には、とてもお世話になっています。
今年はとても天気が悪く、雪も多いそう。
行くルートも限られそうです。

夕方には、ガイドのリコとも一年振りの再会。

話は変わりますが、私は毎年いろんな国に訪れます。
必ずどの国でも現地ガイドにガイドをお願いしています。
海外でも自分だけでガイドできる山もルートもありますが、その時に最良の情報を持っているのは現地に精通したその地に住むガイドです。
私が富山に住んで剱岳をどれだけ知っているか。大したことはありませんが、沢山の時間を過ごすことで解ることは少なくはありません。
ガイドとして、知りませんでしたで済まないことは沢山あります。
山のことだけでなく、レスキュー事情、食事や小屋のこと、交通のこと、ホテルのこと、悪天時のルート変更など多種のサービスも必要だと思います。
だから、クライアントに最良のサービスを施すためには現地ガイドは絶対必要だと思うのです。
ドロミテの地でリコと過ごしていると、改めてそう思うのです。

ドロミテ初日はVolperaの空中フェラータへ行きました。
11.JPG
新しいフェラータらしく、現地ガイドのリコの案内で怪しいアプローチを行きます。
10.JPG
いきなりバンジージャンプからのスタート。

みんな童心に戻って遊びます。
9.JPG
そして、空中に浮かんだスラックラインを行きます。
高度感のあるフェラータで遊びます。

午後からはVolperaのフリークライミング。
久しぶりの石灰岩の感触を確かめながら登ります。
8.JPG
ここは10bか10cくらいかな。
7.JPG
リコです。一見怖そうですが実にオチャラけたイタリアンです。

その昔、国際山岳ガイドの欧州コンペで準優勝したことのあるフリークライマーでもあります。その時の映像を見ましたが、それは素晴らしい登りでした。

6.JPG
終了したらリコの友人のレストランで乾杯!

翌日はリコが別なガイドの仕事で不在でクルトというリコの友人ガイドが来てくれた。
ドライチンネの展望が良いトブリンへ。
2.JPG
これがTOLLE DE TOBLIN。
3.JPG
クルトもナイスガイ!
5.JPG
初めてGO PROを使ってみました。調子いいです。
4.JPG
ドライチンネ。
来年こそは登るぞとみんなで誓いました!
1.JPG
帰りの道もあるので、エスプレッソで乾杯!

以上、後篇に続く!

韓国紅葉弾丸ツアー2013 [海外クライミング]

10月29日~11月1日で韓国へ平日3泊4日の弾丸ツアーへ行ってきました。
時期的には素晴らしい紅葉で、韓国の登山者で激混みが予想されたので平日を狙って行きましたがそれでもペグンデ周辺は身動きできないほど登山道が混んでいました。
韓国は人口5000万人にして3000万人の登山人口とも言われていますから、登山やクライミングの人気は凄いものです。
1.jpg
インスポンはいつ見ても素晴らしい眺めです。こんなものが日本のすぐ隣にあるなんて・・・。

29日はインチョン空港からホテルへ。久しぶりに現地クライマー申さんと会うことができました。
10年前は韓国アイスクライミングでリード中に私が墜落して、足を怪我して随分助けてもらいました。
この夜は東大門へ一緒に行って夕食を食べたり、登山道具屋へ買物に行ったりしました。
30日は昨年も行ったヨンチョンボウリッジへ。ゲスト3名が初めての韓国なのでまずは景色の良いペグンデへ上がるルートから。
17.jpg
紅葉が素晴らしく、登山口周辺は真っ赤でした。最初はスラブをスタスタと。
このルートは優しいが長いです。トポにはえらく簡単に書いてありますが、信じて行くと大変です。
アプローチ2時間、ルート自体も3~4時間くらいは余裕で掛ります。またクライムダウンや懸垂も最低3カ所はありますので人数が多いと時間が掛ります。技術的にも夏の八ッ峰上半よりはずっと難しいです。実際、事故も多いようで取り付き前にレンジャーの装備チェックもあります。私はフリーパスでしたが・・・。
しかし、景色は最高で大好きな場所です。
18.jpg
優しいクラックとスラブの連続ですが、時々アクセントで緊張を強いられる場所もあり飽きません。
自然のレジャーランドです。
19.jpg
なんとなく笑顔が出てしまうルートです。
20.jpg
ペグンデからはソウルの街並みが良く見えます。

下山時は地元の登山者でルートがオバーフローしてました。。。
最近は日本でもそうですが、韓国も若い女性登山者が一杯です。目移りするほど美しい方がいっぱい。。。
また美脚整形もあるらしく、足やお尻が綺麗です。

白雲山荘に寄りましたが、李さんはおらず、奥さんだけ居ました。
トソンサに降りたら申さんが車で迎えに来てくれました。
申さんの出身であるコーロン登山学校の室内アイスクライミングウォールへ連れて行ってもらいました。
21.jpg
なんと20mの高さがあります。韓国アイスの強さの原因はこんなところにも・・・。

翌日は申さんも会社を休んで一緒に、インスポンのコードックウィキルリッジへ行きました。
私は前から行ってみたかったのですが、以前ルートが解らなくて途中から違うルートを登って頂上へ行ってしまい大ランナウトで怖い思いをしました。
今回、一緒に行ってもらってルートが良く解りました。これは初見じゃ解らないですよ。

まず2ピッチ適当に登って、洞窟の中に入ります。こんなの解らないって・・・。
5.JPG
途中狭くなり、登ったり降りたり、、探検気分です。
13.JPG
落ちようがないのでロープもしまいます。

10.JPG
イヤーズロック下の大凹角。高度感も出て楽しいところ。
8.JPG
これが象徴的なイアーズロック。
2.jpg
そしてイアーズロック上のコルへ。ここは来たことあるなと思ったら、仁寿Aとの合流点です。
タヌキの腹を慎重に登って。。。
22.jpg
インスポン頂上です。3時間のクライミングで、この日の一番乗りでした。
23.jpg
天気も良く最高!!

ここから怖い懸垂をします。60mいっぱい。我々は70m2本持っていたので余裕でした。
白雲山荘へ降りて。
3.jpg
キムチをつまみに。
4.jpg
乾杯!伊東さん、ご機嫌で語っています!

早く下山できたので、申さんの住むスウォン(水原)へ。
6.JPG
これは世界遺産の水原華城。
7.JPG
今回は申さんにお世話になりっぱなしでした。
最後の夕食は水原のカルビをたっぷり食べました。

また1月と2月にアイスクライミングで韓国を訪れます。近くて良い国。現地クライマーから刺激ももらえます。お勧めですよ!

2013アイランドピーク・SUMMIT編 [海外クライミング]

ベースキャンプに入ってから幸運にもずっと快晴が続いた。
aDSC00197.jpg
ゆっくり読書をしながら、ゆったりと時間が過ぎて行く・・・。

翌日はハイキャンプ5400mに移動し、翌日の登頂に備える。
aDSC00202.jpg
すぐ近くに見えるのだが、ヒマラヤはデカ過ぎて距離感を狂わせてしまう。

サミットデーは2時に起床し、3時に出発!
aDSC00205.jpg
当然暗い中、ヘッドランプで3級程度の岩場を登って行く。
これが見た目以上に結構長~い!
最後にナイフリッジの岩稜を渡るとそこからは氷河の世界。
ここでヘルメットを置き、アイゼンを履く。
aDSC00209.jpg
ここからがアイランドピークのハイライト。

雪稜とクレバス帯を抜けるとアイランドピーク頂上が指呼の距離。
aDSC00213.jpg
先行パーティ達がかなり急傾斜に苦労している。
aDSC00214.jpg
今年はダイレクトにラインが付けられ、頂上まで距離は短いものの体力的には相当厳しい。
aDSC00219.jpg
こんな感じでフィックスをユマーリングして行きます。
aDSC00223.jpg
横からはマカルー(8463m)も応援してくれている!!
aDSC00224.jpg
最後は垂直に近くなってくるので、息も切れる。でもユマーリングをたっぷり練習してきたおかげで全員が無事に雪稜に上がることができた!
aDSC00227.jpg
10月9日午前9時全員登頂!!日本を出て14日目の登頂。。。
aDSC00230.jpg
ご夫妻での涙の登頂、おめでとうございます!!
aDSC00231.jpg
今回大活躍してくれた22歳若手のmingmaシェルパ。ローツェ南壁をバックに!
aDSCF4882.jpg
下山は最も慎重に!万全を期して!ちなみにこれはシェルパではなく、私です・・・。

まずはアイランドピークに全員登頂できて良かった。長い山旅だったが、報われて・・・。
山は実力ももちろんだが、運もかなり左右するなと改めて感じます。

aDSC00234.jpg
ベースキャンプにたくさん居てうるさかった鳥!いちいち纏わりついてきて、鳥嫌いの私にはウザかった。しかし、段々気にならなくなってきたし、最後には愛着も沸いてきた。パサンから名前を聞いたが忘れてしまったが。。。
aDSCF4752.jpg
今回帯同してくれた3名のシェルパ達。すでに何度も同行しているので気の合った大切な仲間である。
aDSCF4832.jpg
途中に沢山あったボルダー。クライミングシューズが欲しかった。
aDSC00235.jpg
さぁ、15日間掛けた道を日本に向かってバックキャラバン。
aDSC00241.jpg
帰りは気持ちも晴れやかに!
aDSCF4721.jpg
そう言えばキャサリンはどうしているだろう??ちゃんとアメリカに帰れたか??一番気がかりだったりして。名刺渡したのに、メールも来ないなぁ。。。

我々はナムチェバザールから一日予定を早くして、ヘリでカトマンズに帰りました。
翌日からは天気が大崩れでクーンブでは大雪が続き、フライトがオペレーション不能とのことでした。
カトマンズもずっと雨ばかり。予定通りの下山だったら、帰れなくなっていたところでした。
この辺りも運が大きく左右するなぁ。。。

2013アイランドピーク・アプローチ編 [海外クライミング]

2013年9月26日より10月17日までネパールへ行ってきました。
目的の山はネパールの6000m峰においてメジャー過ぎるほどメジャーな山「アイランドピーク」です。
aap.jpg
結果から言いますと2013年10月9日午前9時に全員登頂できました。上記の写真は登頂日の先行パーティが登るシーンです。

台風直後の深夜、羽田を発ったタイ航空機はスワンナプーム国際空港に順調にフライト。長いトランジットを経てネパール・トリブバン国際空港に降りた。総勢5名の小さな隊。
いつもお世話になっているロールワリントレックに迎えられ、定宿ラディソンに昼過ぎに入り、いつもの土産屋に挨拶へ行く。そしてラムドゥードルに行き、ピザを食べに行く。しかし、味がかなり落ちたかな。。。
翌早朝、ルクラへ飛ぶ為に国内線に行く。サーダーのオンジュとは1年ぶりの再会。
aDSC00121.jpg
予定を4時間過ぎてフライト。
aDSC00122.jpg
このバスに羽が付いたような飛行機で、恐怖のルクラ着陸は一番スリリング。
しかし、この日はルクラが悪天候で着陸できず、カトマンズへ引き返し。無料の遊覧飛行が楽しめた。
この日の夕食は桃太郎で。桃太郎はポカラの方がずっと美味しいですね。
翌日1番の飛行機でクーンブの玄関ルクラに到着。本隊と合流し、ランチを食べてからパクディンに向かう。
天気はイマイチでクスムカングルがちらっと見えた程度。
aDSC00131.jpg
今晩の宿。お花が綺麗でした。
aDSC00134.jpg
初日なので入山祝いでビールを戴きます。

翌日はナムチェバザールへ。
aDSC00140.jpg
タムセルクが見えてきました。
aDSC00143.jpg
こんな高くて大きな橋をいくつも渡ります。高所恐怖症には辛いかも。。。

ナムチェバザールではレスト日を作り、2泊して順応リラックスタイムです。
サクラロッジは綺麗に改装されていました。
翌日は雨の中、ティンボチェを越えてデボチェまで。
aDSC00150.jpg
子供たちの挨拶を受けて。「なんかくれ~」に見えますがそうではありません。
aDSC00159.jpg
途中でこの旅イチの美女キャサリンと知り合います。飯嶋Gは見たことのない満面の笑顔。
何気に贅肉をキャサリンに摘ままれています。

次の日はデボチェからパンボチェまで。本来、タムセルクやアマダブラムなど秀峰が見えるキャラバンですが雨でまったく何も見えず。
また次の日はディンボチェまで。ここで4400mあるのでレスト日を作り、また2泊します。
aDSC00165.jpg
レスト日には目の前の山に登りますがこの日も雨で寒く。早々にキャンプ地へ戻りました。
ここまでWIFIは繋がります。
翌日は最終の村チュクンへ。ここで雪が降り、一日停滞。停滞日の午後から晴れ間が見えて、ちょっと散歩へ。やっと見えてきました。
aDSC00173.jpg
目指す「アイランドピーク」が姿を見せてくれました。

翌日はいよいよベースキャンプへ。朝から快晴。
aDSC00176.jpg
やっと見せてくれました「アマダブラム」
aDSC00183.jpg
ローツェ南壁をバックに!
aDSC00185.jpg
晴れるとキャラバンもメチャクチャ楽しいです。
aDSC00188.jpg
アイランドピークもグングン近づいてきました。
aDSC00189.jpg
ローツェ南壁はド迫力!

日本を発って12日。やっとベースキャンプに入ることができました。
続く。。。

アイランドピーク速報 [海外クライミング]

2013年10月9日9時に本郷組隊、アイランドピークに全員登頂しました。今は、カトマンズでグダグダしています。詳細は帰国後に!
image.jpg

香港リハビリクライミング [海外クライミング]

3月11日から昨夜まで香港へ行ってきました。総勢4名で私のリハビリクライミングにお付き合い戴きました。
成田から出国し、UAの直行便で香港へ飛びます。およそ5時間半の旅です。
dsc006.JPG
機内からは富士山が良く見えました。

GWのネパールの為、これから本郷組では高度順応で富士山山頂テント泊して3回も登ります。雪もたっぷりで充実しそうです。
夜9時半に香港着。少し乾杯してからすぐ寝ます。
dsc007.JPG
翌朝、私の部屋から見えた香港のハーバービュー!

最初に行った岩場はセントラルクラッグスというエリア。ここはあまり訪れるクライマーがいないのか、ジメジメしてあまりいけてない場所でした。
でも背には香港摩天楼が近い、日本では考えられない風景です。
DSC01065.JPG
今回、ビレーヤーを担当するH澤氏。身長180cmで体重90kgを越えているので安定したビレーができます。しかし、クライミングはまったくやらない登山ガイドです。
DSC01066.JPG
おなじみのK玉さん。今回もクライミングより食べ物に関心があるようです。

夕方は九龍にあるBAILOの店に行きまして、少々買物。
DSC01070.JPG
そして夕食はおなじみ和民へ行きました。

翌日はビーコンヒルというエリアへ。こちらはスケールも内容もなかなかの岩場です。
dsc002.JPG
dsc001.JPG
dsc005.JPG

DSC01076.JPG
飯嶋Gも今回は多数RPを経験。
DSC01079.JPG
K玉さんはTRで楽しんでいました。
DSC01081.JPG
H澤氏はやっと登りました。

この日の夕食は牛角。なんか日本にあるものばかりです。
翌日のクライミングは今回のメイン「東龍島」です。フェリーで30分くらいの船旅。
DSC01092.JPG
この後、飯嶋Gの迷ガイドで道迷い。1時間ほどロスします。
dsc003.JPG
やっと岩場に着いて登ります。ここはロケーションもスケールも抜群です。やっぱ、来て良かった!
DSC01097.JPG
飯嶋G。ここは日本でいうと11aかな。
DSC01098.JPG
K玉さん。右へ左へ弱点を突きながら登っています。
DSC01100.JPG
終了後、食堂のおじさんのところでワンタン麺やチャーハン、ビールを戴き、船を待つ。
DSC01101.JPG
この船で香港島へ戻る。

約2カ月ぶりの外岩でした。
実質たった3日間のクライミングだったが、身体が登る感覚を戻すには良かった。また、香港のクライミングという不思議な体験も、私には悲壮感なく新鮮な思いで登れて良かったと思う。同行者にも感謝です。
やっとスタートラインに戻れた気がします。
クライミングのトレーニングできなければ、ロープ使ったガイドなんてできるわけないですから。

さて、これから西穂へ行ってきます!


前の10件 | - 海外クライミング ブログトップ