So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

剱岳は遥かに遠くて [剱立山]

夏休み最後に歩美は剱岳へ登ろうといろいろ準備してきました。

昨年同時期に剱澤小屋に泊まって、翌朝体調が急変して、山岳警備隊のお世話になりながら下山してから再度の挑戦。
あれ以来、「また、剱岳に行ってみる?」と聞いても「怖いから行かない!」とずっと言ってきたのだが、7月の中旬に私がクルマで自宅を出発する見送り時に「パパ、夏休みに剱澤小屋に行っていい?」と。
朝ザックを背負って走ったり、天狗平へ泊まりに行って大汝山に行ったり、暑い低山を歩いたり、もちろん得意のクライミングしたりと、私もプライベートの時間は一緒にやってきた。
今回も、私の仕事が空くのが8月最後になり29日に入山となった。
初日は雨予報、翌30日は天気予報は良いのだが微妙な感じがした。
雨の中、雷鳥荘、剱御前小屋で休みながら剱澤小屋へ。
1194CED5-3F89-4288-A466-B38F5BD555C0.jpeg
主人の佐伯新平さんを始め、スタッフに歓迎されて、とても元気にお喋りに夢中でした。
203C7286-5D81-4F88-BB87-B710893C8D75.jpeg
20時前には熟睡したが、夜中の1時過ぎに「パパ、気持悪い」とトイレに連れて行き嘔吐して、30分ほどトイレで様子を見たが落ち着いたので再び就寝。

朝4時30分に起きて、体調確認したら、行きたいと言うので朝食を食べに行くが、全く食べれず。
体調はどんどん悪くなり、背負っての下山を決めた。

昨年と全く同じパターンで体調を崩し残念ではあるが、歩美は剱澤小屋で遊んでもらったことがとても楽しかったようだ。
28881474-F8A9-4F7F-A91E-FE0C14443474.jpeg
剱岳に登ってから、もう一泊して剱澤小屋で遊んでもらう歩美の希望は叶わなかったが…。

「パパが働いているところに行ってみたいな!」と言ってから2年連続で体調崩し、今はすっかり落ち込んで、「もう剱には行かない」と言っているが、何年か後にまた自分から行きたいと言うまで待とうと思う。

自分のことを言えば、今まで延500人以上のお客様を剱岳にお連れし登っていただいたはずで、私は勝手に剱岳に守られているという感覚を覚えている。
しかし、歩美とチャレンジした2回は剱岳に触らせてももらえない!
歩美とは永久に一緒に登れないという感覚がずっとある。

剱岳には不思議な感じを持つ事象がたくさんあるが、そのうちのひとつになりそうです!

Facebook コメント