So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

黒部の秋 下ノ廊下 [剱立山]

この週末は坊抱岩に寄ってから、下ノ廊下へ。

夏の剱岳シーズンが終わると、黒部や妙義にガイドの場を移すのが毎年の恒例行事。

朝イチのトロリーに乗って黒部ダムへ。
9D83E336-7915-4998-B6CA-624EF3259FD9.jpeg
放水に見送られて、下ノ廊下の出発。

昔、通い慣れた丸山東壁を左に見て黒部川へ。
DBDC14AD-B271-47E0-AF03-F0CEAAD5A266.jpeg
ここもクライマーを見ることがなくなり、寂しいかぎり。

ロッジ黒四を早朝出発したツアーをこの辺りからどんどん抜いて行く。
狭い場所ですれ違ったりはしたくないので、先を急ぐ。

別山谷も残雪なく、全く問題なかった。
2526F867-4754-43D3-9DE0-088F2D5D64EF.jpeg
黒部川の水位は少なめに感じた。
94377013-0CD8-4149-83C4-8D169B06846A.jpeg
剱沢の終わりを見れる景色。

黒部川の側壁では、昔の仲間達がたくさん亡くなった。
現場を通る度に黙礼しながら先を進む。
黒部川は美しい景色を素直に楽しむことができない場でもある。
42E16CC1-8A77-4507-B298-3C914F57BBB7.jpeg
阿曽原温泉小屋では、25年前のザイルパートナーとの再会もあった。
彼の頭はずいぶん薄くなってたが、私の髪の毛はまだフサフサだ。
当時の仲間でまだ山を続けているのは3人だけになってしまった。

混んでいる山小屋は苦手なので、早く寝て、早く出発する。
7E09141F-2EA9-4C13-A9EC-7C549921E398.jpeg
30kmの道程も終わり。
8時過ぎに欅平に降りて、始発のトロッコに乗る。
扇沢へクルマを取りに行って一周が終わる。


Facebook コメント