So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

赤谷山は登れなかったけど [剱立山]

無雪期シーズンも終わって、しばらく秋休みを戴いていました。
この夏の反省とこれから来る冬への心の切り替え期間が必要です。
あとは、身体を休めることも必要な歳になりました。

この週末は馬場島荘に泊まってから赤谷山へ。
馬場島荘の新しい管理人星野君、頑張ってました。
周りの紅葉も見頃で、是非沢山の方に泊まって欲しい山荘です。
カメムシが少々煩いですが、とても静かな時間が過ごせます。
A4450665-41AB-464F-9249-6EDDE10E6478.jpeg
翌朝は暗いうちからブナクラ谷を登ります。
8585F7F2-34AD-48B7-9DC8-36FB55AF9E46.jpeg
ブナクラ峠に出るとすっかり冬景色。
D56DE9AA-CDC0-4F70-BBE5-1B249851FBA8.jpeg
稜線上は大した積雪量ではないのですが、赤谷山は白馬側の東面を巻くルート取りになるので、上がるにつれて概ね膝ラッセルでルンゼ状は股ラッセルとなりました。
途中まで昨日らしきトレースはあったのですが、直ぐに消えて、ここで敗退はしたんだろうなと予想できました。
ラッセル好きなお客さんは喜んでましたが、気温も上がり、雪も重く、藪とも格闘しながら山頂近くまで頑張りました。

しかし、不安定な新雪の上、下山のリスクを考えると暗くなっての行動は避けたく、時間的に登頂は諦めることにしました。
2200mから上は視界も悪く、悪天候の兆候も感じていました。
下山時には雨が降る時間もあり、稜線上は荒れていました。

それでも充実した楽しい山行でした。
やはり、雪が付いた山は美しく、トレースがない中、自分達でラッセルしてルートを開く楽しみは登山本来の醍醐味です。
今シーズンも、そんな山をたくさんガイドしてみたいです。
よろしくお願い申し上げます。

Facebook コメント