So-net無料ブログ作成

鍬崎山は全然届かず [北陸]

一昨日から昨日にかけて、鍬崎山を目指しました。
東京から来たお客様と「あわすのスキー場」に着いたのが正午くらいでした。
スキー場内から登れば早いのですが、登山者がスキーゲレンデ内を歩くのはあまりにも無粋に感じますし、センスがない行動に思いました。
平井山荘からひたすらラッセルしますが、膝上から胸まで潜って頑張りました。
上の方へ行くとリフト上のスキーヤーから見えるので、「ガンバレー」「あともう少しだよー」などと声援を浴びながらだんだん恥ずかしくなってきました。
結局、ゲレンデトップに着いたのが15時。
それからもラッセルが続いて、16時過ぎにテントを張りました。
7F6F1D04-CB10-4510-8A72-AD6FF7BE95E4.jpeg
翌朝も7時からラッセルでしたが尾根上は雪も少なく歩きやすかったです。
大品山を超えたのが11時で、なんとか鍬崎山まで頑張りたかったのですが、高齢のお客様方は充分満足されて敗退となりました。
229EBB3C-4F5D-4710-8119-A7FB5CA33ACE.jpeg
でも立山の景色には感動されていて良かったです!

今日、「あわすのスキー場」でリフトに乗って数本滑りましたが、リフトの有り難みを改めて感じる次第です。


Facebook コメント