So-net無料ブログ作成

遠い頂 [北陸]

GWが終わり、誰もいないであろう富山百山最難関の一角を目指して藪と格闘してきた。
D2D8D8F0-AA6D-41B2-9379-A1DD67538013.jpeg
桂湖を出発して藪と倒木、ズボズボの残雪と6時間半格闘し…。
68C7036F-948E-41FA-A342-7897F6652C88.jpeg
何度も心が折れそうになり、夕刻やっとたどり着いた。
私の足もすっかり長くなった。
C8146C4A-9281-4171-962C-2E38397B28B6.jpeg
しかし、目指す山は更に4時間くらい掛かる笈ヶ岳。
7740DC74-923F-402B-8211-533C34F0838A.jpeg
ビバーク装備もバッチリ背負って来ているので、先へ進みたいが稜線は藪。
大笠山避難小屋へ。
BD077827-457B-4DD3-BBFA-7A09A83586A4.jpeg
石川県の海岸に沈む夕陽が美しい。
C0E43C9F-5E48-4FAB-BABE-8CAB708B6139.jpeg
今朝は剱立山方面から上る朝日を浴びる。
EA03362D-36D9-43A5-9DF6-C22FF2BA8C1D.jpeg
笈ヶ岳と白山が美しい。

気合い入ったお客様方と苦労しながら大笠山まで達することが出来て良かった。
深山幽谷を味わいながら、誰もいない山で頑張ったことはこの春一番の良い思い出になるだろう。
でも、やはり笈ヶ岳に届かなかったことは悔しい。

以前来た時は四月下旬でここまで藪漕ぎが酷くなかったので、半分くらいの時間で大笠山に届いた。
今年の山は稜線に雪が少なく谷に多い気がする。
特に、この標高は融雪激しく、一週間遅かったか。

こういう藪漕ぎと残雪を利用した山は北陸にはいろいろあって、私は大好きだ。
近いうちに藪ガイドに進みたいと思う!

Facebook コメント