So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
アイスクライミング ブログトップ
前の10件 | -

そういう人 [アイスクライミング]

私はアイスクライミング初心者の講習を行う機会が多く、いろんな人に楽しさを味わって欲しいと思って活動しています。
しかし、残念なこともたまにあります。

昨年も某講習会で若い女の子がピカピカのpetzlクォークとリンクスを装着していて、私が「おっつ、買ったの?」と聞いたら「私、頑張って買いましたよ!」と楽しそうに登っていました。
翌日はパートナーとルートに登るそうで、楽しみにしていた様子を覚えています。

しかし、翌朝玄関でずっと立っている彼女を見つけ、「どうしたの?」と聞いたら「クォークとリンクスが無くなったんです。誰か間違って持って出ないか、ずっと見てます。」と。
非常に高価な新品のピカピカのアイスアックスとアイスアイゼンを間違えるはずもなく、盗難の可能性があると感じるしかなかった。
小屋とも話をしたが探せるわけもなく、私は「こんなことでアイスクライミングを辞めないでね。」という他はなく、彼女に哀しい想いをさせたことをずっと悔しく思っていた。

昨日、下山してきた登山口でその彼女と久しぶりにバッタリ。
「本郷さん、私のこと覚えてます?」と。
忘れるはずもなく、「アイスやってる?道具はどうした?」と聞いたら「また、買い直しました。」と。
嬉しくもあり、哀しくもあった。
あの時のことを思いながら「自己防衛するしかない。」ということを話し合いました。
大切な道具は布団の中で抱いて寝るしかないのです。

私のお客様もなくなった登山用品はたくさんあるし、私の道具もたくさんなくなりました。
しかも、新しいものばかりなくなります。
デポした私とお客様のスノーシューがなくなったこともあります。

話は変わりますが、昨日登った滝で缶酎ハイを飲んでいたクライマーがいました。
その方は左側の優しめのラインをフォローで登っていたのですが、ずっとテンション掛けたまま各駅停車で登っていました。
その後、トップロープで登っていた時はアックスが手から離れ、取付きにノミックが飛んできて大騒ぎになりました。
なんかおかしいなと思って、注視したら缶酎ハイを飲んでいました。
登り終わってから飲みだしたのか、飲んでから登ったのかは定かではありませんが、私がそれに気付いてじっと睨んでいても、知らんぷり。

上記2件は書きたくもない嫌な話ですが、そういう人もいるということで、自己防衛を考えることが必要だと思いました。
「人のものを盗むな」「登山中に酒を飲むな」などは程度が低すぎる話で、そういう人にやめましょうなどとお願いするレベルではない。
私達は、そういう人から被害を受けないように、いわゆるリスクマネジメントに入れる必要があると考えます。
10.jpg
せっかく美しい山を楽しみに来たのだから、嫌な想い出にしたくはないものです。

朝から嫌な話で失礼しました。



アイスクライミング講習 [アイスクライミング]

今日の富山は大雪で大変なことになっている。
本日のガイドは中止になり、除雪を頑張ることにした!
E4CE0E4D-9976-4256-82BD-4A7778BCDF72.jpeg
先週は、湯川や須坂、アイスキャンディフェスティバルなどに行くアイスクライミングの講習週間だった。

私はアイスクライミング未経験者から初級者までを対象にした講習に留めている。 アイスクライミングはリードする人と、フォローまたはトップロープで登る人の労力差が著しい。

リードする者はプロテクション設置技術、レスティング、ルートファインディング、リスクに対する勘など求められるものは限りなく高い。

アイスクライミングのムーブ自体は、フリークライミングをそれなりに経験した人なら理解しやすいし、すぐに慣れるはずで、そこからリードできる立場になるまでは経験を積み重ねるしかない。

つまり、リードができる中級者、上級者を目指すなら自分の責任でリスクを受けとめて経験と知識を積み重ねる方が良いと思っているし、そちらの方が理に適っていると思う。

自然の滝で誰かにリードしてもらって、登ったとしても、フォローは学ぶことは少ないと思うし、勉強になったと思うなら、それは他に学ぶべきことがあるんだと思う。

アイスクライミングは最初のキッカケをもらったら、良い道具も情報もたくさんあるので、どんどんリードして自立して欲しいと思うのだ。

各地に人工氷瀑もできて様々な練習できる環境もあり、良い先輩もいて意欲あるクライマーはどんどん成長できる時代でもある。

登山も同様で、自分で判断する経験を積み重ねないと、いつまでも自立できず危険を危険として認知できない登山者となるように思う。

なんの根拠もなく「あそこ登りたい」「あそこ行きたい」という駄々っ子みたいなタイプの人もいれば、地道にステップアップを繰り返して自分の目標や可能性を見出すタイプの人もいて、私は後者のタイプが好きだなと思う。

ガイドを上手く利用して、自分の実力を上げて、自立した登山者が増えたら未来は明るい!

雪と氷 [アイスクライミング]

今年の冬はスタート良く、雪は良く降り、氷も良く発達している。
スキーもアイスクライミングも当たり年かもしれない。
790F03B1-5509-45F7-8AC5-304F2A607B5F.jpeg
しかし、こんな良い冬シーズンの年末に友人ガイドを亡くすことになるとは。
今朝、訃報を聞いた時は全身の力が抜けた。
A8988539-2E23-4769-845C-0691E3741CBA.jpeg
年に数回しか会わないのだが、いつも楽しく過ごせた。
一緒に写真を撮ると、私が小顔に見えて好きだった。

赤岳鉱泉で、御在所で、会う約束したばかりなのに。
私は心許せる友人が少ないから、とても寂しい。


八ヶ岳アイスのスタート [アイスクライミング]

師走ですねー

八ヶ岳のアイスクライミングシーズンが始まりました。
DE918719-951C-4663-8A97-5F248C8EBFCE.jpeg
良く冷えているので順調にコンディションも好転しています。

しかし、私は少しおとなしくしなければならないような感じです。

アイスキャンディ2018 [アイスクライミング]

赤岳鉱泉アイスキャンディの足場組立に行って来ました。
今年で15年目。
凄い事だ。
アイスクライミングの普及に大きな貢献を果たしたひとつの文化だ。
みんなで安全に利用して、この施設をいつまでも大切にしましょう。
158D4B07-E9C6-4B34-8BE1-CE3823AA0B89.jpeg
この作業、全国から沢山の山岳ガイドが集まる貴重な場でもある。
夜はたっぷり様々な話をして、有益な時間を過ごした。
日本山岳ガイド協会の山岳ガイド以上の資格を取得しているガイド達が集まるので、真に同業者の集まりという雰囲気が良い。

ついに・・・ [アイスクライミング]

2月6日~7日は唐沢ノ滝と醤油樽ノ滝へ行こうと出発。
しかし6日は前日から大雪で唐沢ノ滝までの長いアプローチと傾斜の緩い下部の積雪量を考えると面白くなさそうで、結氷確実なまたも湯川へ行った。
灯明の湯でチェーンを付けようと寄ったらM苫ガイドがいた。
こんな大雪の時に誰もいないと思ったのだが。私の腰が悪いのを気遣って、トップロープを張ったりお手伝いしてくれた。
佐藤玲奈ガイドもビレーとかロープ回収とか積極的に手伝ってもらって仲間の大切さを知る一日だった。
yukawasiraga.jpg
先週と違いかなり氷が落ちてしまった。上から落石も2回あり、今後は注意が必要かも。
一日、ずっと雪が降りっぱなしだったが帰る頃には天気も回復してきた。

明日は醤油樽ノ滝へと八ヶ岳ロイヤルホテルに宿泊。しかし、腰が痛くて夕食もまともに食べれず、この日は8時前にはベッドに入ってしまった。夜は痛みがますます酷くなりずっと寝れず、右足がついに動かなくなり、この日に東京から来るお客様に中止の電話を入れ、同宿のお客様に了解をとって富山へ帰ることにした。
しかし、運転も辛く左足でのノロノロ運転で何とか富山の病院へ直行。すぐに注射を打ってもらう。
夜も痛くて寝れず、翌日MRIを撮ってもらう。腰椎4と5の間のヘルニアが靭帯を突き破り、神経に刺さっていた。写真を見ただけで痛い。
入院するにもベッドが空いてなくて、とりあえず自宅待機。今回は手術するしかないか。
ayumi.jpg
娘はパパが家にすっといるので嬉しそうだが、痛くて相手にもできない・・・。
今回は確実に治さないと、いろんな人に迷惑が掛るので。ちゃんと治すぞ!でも早く現場復帰したい。
高額だがレーザー手術を検討中。経験者の方、教えてください。

アイスツリーも大雪 [アイスクライミング]

003.JPG
昨日は岩根山荘泊りでアイスを6名のお客様と楽しんできました。みんな2本、3本、4本と続けて登る持久力も付いてきました。
テツも相変わらず元気でした。
005.JPG
しかし夜から大雪。今日15日はどこかルートへ行こうかと思っていたが岩根山荘から脱出するだけで精一杯。夜いは新宿の展示会へ行くため、諦めて東京へ向かうが通行止や渋滞で6時間も掛ってしまった。
モンチュラの展示会でした。
009.JPG
終わってからは来てくれたお客様みんなで飲み会です。
明日も展示会周りです。久しぶりの新宿なので奮発して京王プラザに泊ってます。新宿の夜景を楽しんでますよ。

暖かな湯川 [アイスクライミング]

今日は湯川でアイスクライミング。お客様は4名参加いただきました。昨日からの気温上昇でツララ部分は危ない状況です。橋下やミクロトワンソンなど氷の厚い部分を探して登りました。4名全員が今年からアイスを始めたのですがキャンディや岩根山荘でしっかりムーブを身に付けているのでスムーズにカッコよく楽に登ってます。
006.JPG
008.JPG
終了後はレストラン最高所へ行って蕎麦を食べました。
明日から3連休。またも赤岳鉱泉に入りますが天気予報は悪いですね。今、諏訪のホテルにいますが雪が降ってきました。悪天、早く過ぎてくれ。やれることをしっかりやります。

アイスツリー [アイスクライミング]

今日は岩根山荘へ。途中、大雪による事故で高速が通行止になり糸魚川で下され、一般道で5時間半掛った。
お客様3名とたくさん登りました。みんな今年からアイスを始めたのですが随分上手くなりました。やはり数です。
007.JPG
012.JPG
016.JPG

アイスツリーにて [アイスクライミング]

13日、14日は岩根山荘に泊ってアイスツリーを楽しみました。お客様2名でしたので休憩もせず3人で登り続け、相当な本数を登ったものと思われます。
DSC00264.JPG
この写真を撮った後、アイゼンでカメラを踏んでしまいオシャカに。最近出費が多く大変です。
岩根山荘にはテツというゴールデンレトリバーがおり可愛かったです。散歩したり、一緒にアイスを楽しみました。1294965004808 (2).jpg
デジカメが壊れたので携帯で撮りました。ゴールデン欲しいです。あの大きさがたまらないです。
前の10件 | - アイスクライミング ブログトップ