So-net無料ブログ作成

剱の夏が始まります [剱立山]

この週末は半月ぶりに立山エリアに入りました。
2AA88388-7B9A-4E38-A563-4907DB669906.jpeg
まだまだ、滑れそうです!

思ったよりも雪は減っていなくて、あまり降雨がなかったのかという印象でした。
DEE0430D-0ED0-42B2-8031-05B8D9F5D832.jpeg
天気予報が悪かったせいか、剱御前小屋は貸切でした。
75ED77FC-9DCE-4BD1-AA3D-3042D9FC0B21.jpeg
日曜は快晴の中、剱岳へ登りましたが見渡す限り人の気配もなく、トレースもリセットされていました。
源次郎尾根最後の雪壁はなかなか悪かったです。
055585BE-8547-41EB-B3C4-2A67BEFA0E99.jpeg
厳冬期のラッセル、GW前後の安定した雪稜、真夏の乾いた岩登りと剱岳はいろんな切り口でチャレンジできますが、私個人的にはこの6月後半から7月上旬の中途半端な時期が大好きです。 「グズグズの雪壁」「クレバスやシュルントの処理」「倒れそうなリッジ」「岩と雪のミックス」など、お客様が安全に楽しめる中で、自分の目でルートを繋げ想像しながら登るのが実に楽しいと思います。 これぞ、剱岳だからできる魅力のひとつと言えると思います。
4386F8D2-2BD4-41E5-BAEF-138884874006.jpeg
別山尾根が不安定で危険なこの時期は剱沢を降りて、平蔵谷や長次郎谷、三ノ窓谷などを利用して登り降りする体力も必要で、剱岳を登り込んでいる方には満足感が得られることでしょう。
DB69F8A6-2DCE-4089-A162-9C810441A8C8.jpeg
そしてこの時期の最大の魅力は登山者が少ないということです。 雪を巡るルートの登山でトレースを追う事は寂しいものです。
やはり、自分の目で見て隠れた危険を察知しながら登らないと経験値は上がりません。
天気との駆け引きも楽しいものです。 週間天気予報の雨マークを異常に気にする方もいますが、雨マークがあっても一日中ザンザン降りになるケースは稀です。 山行直前まで情報をしっかり把握して、過去の剱岳登山で得た経験を基に動ける時間を計算して、山行を組み立てる事も登山スキルの一部と考えています。
7364914F-747E-4E42-982E-DE6788AF8ED7.jpeg
さて、これから10月の閉山まで3ヶ月以上の長いシーズンが始まります。 令和元年、たくさんのお客様と剱岳を楽しく登り降りできますように!

剱沢スキーへ [剱立山]

この週末は剱澤小屋へ。
昨年10月の小屋締め以来の宿泊。
たくさんの有名ガイドで賑わっていて、肩身が狭かったです。
72C880D6-C63F-460A-8FF7-869969E51E72.jpeg
剱立山界隈でのスキーガイドは今回で終了。
なのに様々なトラブル続きで、お客様にはご迷惑をお掛けしました。
7A4E084F-4490-432E-9BB0-0973C1E457E4.jpeg
今夏も引き続き剱岳を中心に細々とガイド活動をやっていきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

龍王岳の岩場 [剱立山]

立山縦走に行く予定だったのだが、お客様が膝の痛みを発症したので、一ノ越で様子を見て、龍王岳に変更した。
160A4E67-63D1-4A84-A394-3078673AD0A1.jpeg
以前、東尾根を登っている方なので、Ⅳ峰北面フランケに登った。
全く必要ないところに、新しいリングボルトもあったので、誰か登っているんだろうか。
A14E63C4-DDDC-4C39-8AED-6C2F8B3D5B23.jpeg
ここはちょっとクライミング体験という方にはお勧めかもしれない。


立山は雷鳥だらけ [剱立山]

今週の平日は、立山周辺をガイドしておりました。
雷鳥が活発に動いていて、とても癒される時期でもあります。
登山者より雷鳥の方が多いです。
42B470B3-7EFD-4C8E-AACC-FD38DB5D12EA.jpeg
山に登山者が少なくて、この地でガイド活動をしている身としては寂しくもあります。
10連休GWもアルペンルートは激混みでも、山は空いていました。
私のお客様の中にも、アルペンルートが混み過ぎて、室堂には行きたくないという方々がたくさんいます。

時間帯をずらせばスムーズに乗れることも多いのですが、やはり登山者としては朝イチで乗って行程に余裕を持ちたいものです。
早朝から立山駅で観光客と並んで、やっと切符を買って、さらに乗車まで数時間待つとなれば、登山者としては二度と来たくないという気になるのは無理もないことでしょう。
せっかく、短時間で富山に来れる新幹線があるのに残念なことです。

例えば、朝の時間帯だけ登山計画書を持参した登山者は登山者専用ケーブルカーや直通バスに乗れるようにできたら良いかもしれません。

観光客も登山者も外国人ツアーも共存してアルペンルートを楽しめる仕組を考えなければならない時期かもしれません。
今のままでは登山者やスキーヤーがどこかに行ってしまうでしょう。
やはり、剱立山の魅力をたくさんの登山者に知って欲しいと思います。
69B657BC-8FFB-4867-960E-BFBFCCDC05EF.jpeg
私は剱岳を紹介する講演や講習をやる機会が多いのですが、受講されている方から必ず言われるのが、「剱岳は混んでますよねー」ということ。
確かに、ヨコバイ渋滞で物凄く混んでいる時期はあります。
でも、そんな日は年に5日もないです。

先程のアルペンルートの話にも重なりますが、混雑してるという風評被害は無くして行きたいものです。

快適な春の立山 [剱立山]

しばらく雪山登山のガイドが続いていたが、久しぶりにスキーを持って上がりました。
やはり、立山の雰囲気は最高ですよー
EFC2228F-B496-425E-AA5E-A56F75395F7C.jpeg
でも、各所で小規模ながら雪崩跡が見られます。
AFF0C4C9-A55B-42AD-B888-E11064386829.jpeg
春山は温暖で風がないと、ボーっと気が緩みがちですが気をつけて楽しみましょう。
湿雪雪崩はスピードが遅いからとナメてると痛い目に遭います。
高密度状態で来るのでダメージが大きいです。
昨夜は天狗平山荘に泊まりました。
2BD7ABEA-58A5-49FA-A1A3-D58FDD385902.jpeg
山で飲むホッピーは格別です!
皆様、ホッピーを飲みに行きましょう。
まだまだ、滑れる立山より

GW最終日を迎えて [剱立山]

令和元年GW10連休は今日で終わりです。

GW後半は剱岳早月尾根から平蔵谷を下降し、立山三山を縦走しました。
とても楽しいメンバーと日々充実した登山ができました。
56B8DB08-D227-4A1C-B5C2-E80669268B71.jpeg
終始好天に恵まれましたが、剱立山方面では、滑落死亡事故を含めた遭難が多発しました。
私達も一歩間違えば、いつでも遭難してしまう可能性があるのが剱岳です。
心身鍛えて、危険察知能力を磨いておくことを常としなければならない。
怖いと思う気持ちがない人は危険に鈍感だと思います。
だから、山を怖いと思えない人とは残念ながら一緒に登山はしないことにしています。
そこだけは大切にしたいです。

平成最後の剱岳 [剱立山]

今日は平成最後の日。
27日は悪天候で剱御前小屋まで上がれませんでした。
雷鳥沢キャンプ場から雷鳥沢を上がって行くと強烈な吹雪で足元しか見えず、しばらく風待ちしたり、ルートを変えてみたりしましたが、剱御前周辺の状況を予想すると戻ることにしました。
降りていると、単独の男性がルートロストし、右往左往していました。
顔面が真っ赤に腫れ上がって、外国の方に見えたので「日本人か?」と聞いたら日本人だったので付いてくるように促した。
翌朝、私達が登っていた左上で高齢男性が亡くなっていたことを知った。
雷鳥沢は何百回も登り降りして、地形を良く把握しているからこそ、今日は登ってはいけないと私は判断できたが、地図とか山岳雑誌だけを見て安易に考えてしまう方もいるかもしれない。
4月27日の悪天候で起きた各山岳地での低体温症事故事例を山岳雑誌でも大きく取り上げていただき教訓となると良いのだが。
28日は剱御前小屋に泊まり、別山頂上から剱岳を偵察。
昨日降った雪の状況を確認したかった。
90B88787-2C0C-48D4-8F05-300E66505759.jpeg
予定していた源次郎尾根はかなり不安定な状況に感じた。
6C30E410-2CB9-479E-A12F-C6D9266578FE.jpeg
空には珍しいものが…。
169F8D51-02AB-4070-A143-71D466A645B1.jpeg
剱御前小屋の夕景は素晴らしい!
これだけ見に来る価値があります!

29日は別山尾根を往復することにして、一番で取り付いた。
12409881-111E-4E7E-8C7E-AE4C26048672.jpeg
風で随分リセットされていたが、前日のトレースが残っていて、悔しいような、嬉しいような…。
68412882-1494-4D43-9F2A-77C9B30CACA6.jpeg
新雪が載った剱岳と周辺の山々は美しく、この場にいられることに感謝したい。

平成の時代は、山を中心にいろんなことがあったが、まさか山岳ガイドを職業にして20年以上も続くとは思いも寄らなかった。

令和の時代もできるところまでは頑張りたい。

暑いぞ立山 [剱立山]

BADD8271-F9F8-4BA6-BBE4-F01A833D8F2D.jpeg
スキーもひと段落。
ピッケル、アイゼンに替えて、今日まで四日連続して立山ガイドでした。
特に昨日の奥大日岳と今日の龍王岳東尾根は気温が高く日差しが強く、すっかり顔が焼けました!
50B1F3BF-CCC3-4161-A8BF-80192DEA536A.jpeg
夕景も素晴らしく、日本海側の山にいる幸せを感じる日々です。
昨日午後は雄山から数本雪崩も出ました。
とにかく、雪が緩んでいるので、湿雪雪崩はもちろん、雪庇崩壊や転落にも注意が必要な時期です。
昨日の奥大日岳でも、堂々と雪庇の上にトレースが付いていて不安を感じました。
危ない個所は、トレースを付け直しましたが、丁寧に集中して行動したいものです。
週末は少々荒れそうな感じですが、いよいよ剱岳に入ります。
今シーズンの剱岳はどのようなご機嫌か?
楽しみでもあり、緊張感もありです。
8222F0E8-4C7F-4A60-8101-DA328C1331BA.jpeg

立山オープン [剱立山]

立山黒部アルペンルートが4月15日に全線開通しました!
D5F9E614-328C-4406-9013-8CBFA5DFF58D.jpeg
雪の大谷は16メートルと発表されました。
昨年に続き初日は高原バスが悪天のために運休となりましたが、本日16日は最高のスキーコンディションに恵まれました。
152523DF-714A-4933-81FF-15BBAF358413.jpeg
多くのスキーヤー、スノーボーダー、登山者が室堂に集結し、活動しているのを見ると今シーズンも始まった感がある。
これから11月の閉山まで、たくさんのお客様と楽しみたいと思います!
4月10日の部分開通日から入山したが、今日まで厳冬期のような厳しいコンディションもあれば、春のような温暖なコンディションもあり、この時期の立山は難しい。
コンディションに恵まれたお客様もいれば、恵まれなかったお客様もいて、胃が痛いものだ。
自然の前ではガイドの力などは微々たるものだと思う。

ガイドレスの方は、冬山登山に対応できる装備、技術、体力、経験を持った方々だけが楽しめる領域であることを認識して欲しい。

今回も天狗平山荘にお世話になりました。
44F85A1A-E049-447D-A027-7F4EA4F68E98.jpeg
喧騒の室堂から離れた場所にあるので、静かに寛ぎたい大人の宿である。 とにかく清潔感とホスピタリティが抜群で、何日過ごしてもリラックスできる。
4D44FE90-1481-4384-8A13-B748C59806C0.jpeg
美人女将が作る料理は毎食の楽しみ。
619391EF-59BE-4550-B7E5-5DF5E5A1949D.jpeg
山でホッピーも飲める。
EBD80853-0E7C-4C1D-8221-A7DBECF9C11C.jpeg
アイスクリームも!
C4524CBA-CFD7-4D49-AEFC-42D65770B392.jpeg
ラーメンも!
D615029C-7980-4E5E-B413-7806B3E44021.jpeg
そして親父も!

今年も剱立山を楽しみましょう!
D7C9CB2D-C938-4851-ACBF-EE9FE0872001.jpeg
私はいつでも待ってます。

立山シーズンオープン間近に [剱立山]

立山黒部アルペンルート全線開通は4月15日にだが、待ち切れず4月10日部分開通日に弥陀ヶ原へ。

吹雪の中、ホワイトアウトだが時々視界が開けるので現在地を確認しながら室堂へ。
1C7E3ADC-3EFA-4BD1-AABE-D01B677E0773.jpeg
雪の大谷は何メートルかな?

知ってるけど、言わない。
33A62665-3EAE-4D30-9C22-50842E3C4B90.jpeg
室堂もまだまだ除雪中。

昨日、今日と視界がクリアにならず、予定の行動はできなかったが得るものはあった。

暖冬とか雪少ないとか、いろいろ言われたシーズンだが、他人の情報なんてあてになりません。
是非自分の目で確かめに行くと良いです。

やはり、立山は富山の誇り。
素晴らしい場所です。
改めて感じました。

アルペンルートが開通しても、立山はまだまだ冬です。
充分気をつけて楽しみましょう!