So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

また春に会いましょう! [剱立山]

昨日で私の4月から始まった剱立山のガイドが全て終了しました。
今シーズンも一件の事故もなくたくさんのお客様とご一緒する事ができましたこと、安堵の思いでいっぱいです。

立山室堂は11月30日のアルペンルート終了後は長い冬の時期を迎えます。
立山に関わっておられる、すべての方に感謝御礼申し上げます。
midori.jpg
そして天候に恵まれなかったシーズン中、私のガイドを選んでくださったお客様方に感謝申し上げます。

東京から来られる方が多いのですが、新幹線、アルペンルート、小屋宿泊費、ガイド料...と一回の山行で大変高額な費用が掛かります。
高い費用と貴重なお時間を預かって、それに報いる事ができるよう一生懸命頑張ったつもりです。
全ての方に満足してもらうことはできませんでしたが、事故を起こさない範囲で精一杯の行動ができるよう日々判断に苦慮したシーズンでもありました。

しかし、私の判断ミスや至らなかった思慮や行動で辛い思いをさせたお客様もおられると思います。
そこは丁寧に検証し、今後のガイド活動に活かせるよう努力したいと思います。

ガイドを始めて20年、毎年新しい出会いと別れがあります。
山を通じて出会ったご縁を大切にしたいと思いつつも、残念ながら私の判断や思考に合わない方も出てしまいます。
山岳ガイドという強いリーダーシップを発揮する必要上仕方のない場面もあるとは思うのですが、私の能力不足、経験不足、度量の狭さが招いたことなのだと思っています。

IMG-1809.jpg
昨日の立山稜線は雪が乏しく、荒涼とした雰囲気でした。
今秋の立山では、スキー滑走は厳しい状況で終わりそうです。
しかし、自然相手である以上、山は私達の予想しない試練や楽しみを味わわせてくれるのも常です。
それを受け入れられる度量を持ちたいと思います。
私はこれからも剱立山で、様々な形で関わって行けたら幸せです。

来年4月の良き日まで、暫しさようなら。

IMG-1813.jpg
昨夜はお客様方とえび寿司で〆ました。

今年は山行後のえび寿司でたくさん楽しませていただきました。
これからもよろしくお願いします!


雪減りましたね立山 [剱立山]

週末は雪と格闘できたが、その後は立山縦走で雷鳥荘入り。
D073A51A-3668-4B87-8AE1-2E1EA3D96670.jpeg
夕方は太陽柱を見ることができた。
自然界は凄いな。

翌早朝からは雨で、しばらく様子を見るも好転しないので開き直り決行。
普通ならガイド中止でも良いのだが、遠征の為のトレーニングなので行きます。
28DA745C-E48A-408F-B365-BE157A170F01.jpeg
気温も上がり雪はグズグズで、岩はミックス、歩きにくくて仕方ない。
先週来た時より、かなり雪量が減っている。

結局、誰にも会わなかったが当たり前か。

勝手知ったる立山だが、山は毎日いろんな顔で我々を迎えてくれる。
いつも新鮮で飽きることもマンネリになることもない。
一山一山、教えていただくことばかりです!

赤谷山は登れなかったけど [剱立山]

無雪期シーズンも終わって、しばらく秋休みを戴いていました。
この夏の反省とこれから来る冬への心の切り替え期間が必要です。
あとは、身体を休めることも必要な歳になりました。

この週末は馬場島荘に泊まってから赤谷山へ。
馬場島荘の新しい管理人星野君、頑張ってました。
周りの紅葉も見頃で、是非沢山の方に泊まって欲しい山荘です。
カメムシが少々煩いですが、とても静かな時間が過ごせます。
A4450665-41AB-464F-9249-6EDDE10E6478.jpeg
翌朝は暗いうちからブナクラ谷を登ります。
8585F7F2-34AD-48B7-9DC8-36FB55AF9E46.jpeg
ブナクラ峠に出るとすっかり冬景色。
D56DE9AA-CDC0-4F70-BBE5-1B249851FBA8.jpeg
稜線上は大した積雪量ではないのですが、赤谷山は白馬側の東面を巻くルート取りになるので、上がるにつれて概ね膝ラッセルでルンゼ状は股ラッセルとなりました。
途中まで昨日らしきトレースはあったのですが、直ぐに消えて、ここで敗退はしたんだろうなと予想できました。
ラッセル好きなお客さんは喜んでましたが、気温も上がり、雪も重く、藪とも格闘しながら山頂近くまで頑張りました。

しかし、不安定な新雪の上、下山のリスクを考えると暗くなっての行動は避けたく、時間的に登頂は諦めることにしました。
2200mから上は視界も悪く、悪天候の兆候も感じていました。
下山時には雨が降る時間もあり、稜線上は荒れていました。

それでも充実した楽しい山行でした。
やはり、雪が付いた山は美しく、トレースがない中、自分達でラッセルしてルートを開く楽しみは登山本来の醍醐味です。
今シーズンも、そんな山をたくさんガイドしてみたいです。
よろしくお願い申し上げます。

黒部の秋 下ノ廊下 [剱立山]

この週末は坊抱岩に寄ってから、下ノ廊下へ。

夏の剱岳シーズンが終わると、黒部や妙義にガイドの場を移すのが毎年の恒例行事。

朝イチのトロリーに乗って黒部ダムへ。
9D83E336-7915-4998-B6CA-624EF3259FD9.jpeg
放水に見送られて、下ノ廊下の出発。

昔、通い慣れた丸山東壁を左に見て黒部川へ。
DBDC14AD-B271-47E0-AF03-F0CEAAD5A266.jpeg
ここもクライマーを見ることがなくなり、寂しいかぎり。

ロッジ黒四を早朝出発したツアーをこの辺りからどんどん抜いて行く。
狭い場所ですれ違ったりはしたくないので、先を急ぐ。

別山谷も残雪なく、全く問題なかった。
2526F867-4754-43D3-9DE0-088F2D5D64EF.jpeg
黒部川の水位は少なめに感じた。
94377013-0CD8-4149-83C4-8D169B06846A.jpeg
剱沢の終わりを見れる景色。

黒部川の側壁では、昔の仲間達がたくさん亡くなった。
現場を通る度に黙礼しながら先を進む。
黒部川は美しい景色を素直に楽しむことができない場でもある。
42E16CC1-8A77-4507-B298-3C914F57BBB7.jpeg
阿曽原温泉小屋では、25年前のザイルパートナーとの再会もあった。
彼の頭はずいぶん薄くなってたが、私の髪の毛はまだフサフサだ。
当時の仲間でまだ山を続けているのは3人だけになってしまった。

混んでいる山小屋は苦手なので、早く寝て、早く出発する。
7E09141F-2EA9-4C13-A9EC-7C549921E398.jpeg
30kmの道程も終わり。
8時過ぎに欅平に降りて、始発のトロッコに乗る。
扇沢へクルマを取りに行って一周が終わる。


平成最後の剱岳閉山 [剱立山]

10月5日から剱澤小屋へ。
平成最後の剱岳ガイドを気合入れて行って来ました。
976CF10C-3289-4899-A12F-569BA5D622DC.jpeg
紅葉真っ盛り!

6日に別山尾根から、8日に北方稜線から剱岳に登って、シーズン終了しました。
両日ともに快晴で、暖かく、シーズンが終わるのがもったいないような陽気でした。

5FB6E372-3F9A-49EF-807A-717A95E1CE42.jpeg
剱沢の下降。

今年は南無ノ滝も全容を現し、周りの紅葉は見事でした。
A497BFDE-91C6-4711-9D31-55F6407F3F4C.jpeg
仙人新道も良く染まってました。

池ノ平小屋で宿泊し、佐方さんとの再会を楽しむ。

風呂は豪華に露天風呂と内風呂、両方を沸かしていただいた。
夕食も豪華で皆様、大満足でした!

そして夜はライブも開催された。

この小屋は北方稜線の拠点として、なくてはならない大事な小屋です。

素晴らしい星空の下、北方稜線へ。

A2055795-5395-4DF5-BA29-FDEACC729B5E.jpeg
小窓氷河と雲海に浮かぶ後立山は何度見ても溜息が出ます!
小窓王を超えてからの景色は他山域にはない剱岳北面だけの大迫力。
チンネ、ジャンダルム、剱尾根、池ノ谷尾根...。
池ノ谷ガリーは秋なのでかなり踏まれて歩きやすくなっていた。
828F79C3-23BE-4BC5-862B-9C2CCF693BB7.jpeg
池ノ谷ノ頭から剱岳を観る。
E98F3836-C55C-42C6-AD67-743FD2461E46.jpeg
今シーズン最後の剱岳。今度来るのは年末年始だろうか。

小屋締め作業中の剱澤小屋に挨拶して、室堂へ下山。
富山で、えび寿司で打ち上げして解散。

アシスタントガイドを務めてくれた立山ガイド協会の中村君と細田君の活躍もあり、最高の北方稜線が楽しめた。

台風情報にもかかわらず、私の判断を信じて参加してくださった全てのお客様に感謝したい。

そして、来シーズンも剱岳でガイドできるよう一層精進して行きたい。

剱岳にはいつも緊張を強いられ、自分を試されているような気がしてならない。

剱岳との関わり [剱立山]

私が無雪期に剱岳ばかりガイドするようになって約10年ほどになる。
それ以前の10年は、もちろん剱岳もガイドしていたのだが、東京に住んでいたので、穂高や槍、一ノ倉や妙義、関東周辺の岩場と様々な山でガイド活動を行っていた。
画像 050.jpg
剱でガイドしたいと強く思うようになったのは、真砂沢ロッジを経営していた佐伯成司さんの影響が大きかった。
おそらく、成司さんが真砂沢ロッジのオーナーになった年に黒部ダムからハシゴ谷乗越ルートが崩壊のために通行止めになっていた。
私はそれを知らず、黒部ダムから黒部川へ降りようとしたら通行止めの看板があった。
そこでダムへ戻り、事務所へ行って、私が山岳ガイドであることとロープも持参しお客様全員がクライミングギアを持っている事を伝えて、私自身は丸山東壁を以前からかなり登っていて、この地形に詳しい事を伝えたら、行って良いでしょうと許可を得た。

しかし、丸山東壁から内蔵助平が崩壊で道がなく、ほぼ背丈以上の藪漕ぎと藪ラッセルで延々と時間が掛かった。
しかもテント泊装備にクライミングギアを背負っていたので、私のザックは25kgを超えていたはず。
結局、真砂沢ロッジに着いたのは21時近くになっていた。

そこにいたのが強面オーナーの佐伯成司さんで、「なんで通行止めを来たがよー。」とものすごく怒られた。
テントを張ろうとしたら、「金なんかいらんから中で泊まれ!」とまた怒られた。
お客様を寝かせてから、成司さんに「ちょっと座れ。」とお酒を頂き、さらに怒られるのかと思ったら「あんた、あの状態の丸山東壁の下をお客さん誰も怪我させんと連れてくるちゃ大したもんや。」とえらく褒められ驚いた。
翌朝は確かⅥ峰フェースを登りに行って真砂沢に2泊したのだと記憶している。
その時の成司さんの印象がとても温かくカッコ良かった。 それから数年後、母が亡くなった関係で実家の富山に帰郷して、今に至る。 真砂沢ロッジには実によく泊まりに行った。 成司さんは、私がガイドでチンネに行く時は夜中の2時に起きて、朝ご飯を作ってくれる熱い男だった。

昼弁当は、いつもチマキを持たされたのだが、指にヌルヌル付いてクライミングしづらいと言ったら改善すると爆笑してた。
DSC00099.JPG 真砂沢ロッジはテラスにパラソルを立てて、バーベキューしながら昼から酒を飲むのがスタイルで、特にクライミング系ガイドが大好きな成司さんは彼らが泊まりに来たらとても機嫌が良くなった。 剱のバリエーションルートと成司さんの姿が妙にマッチして、私はこの雰囲気が大好きになった。 そして、剱という山は雪渓の処理と脆い岩の処理が常に必要で、安全にガイドするためには、どこがどういう状態か常に情報を把握しておく必要があると思った。 私のような不器用な人間は、他の山にガイドに行っている時間はなく、剱岳に通い詰めて、ここを一生懸命ガイドしようと決めた。
今でも別山尾根を降りる時、武蔵ノコルから見える真砂沢ロッジを見る度に、あの熱かった頃の佐伯成司さんを思い出す。 真砂沢ロッジにトイレットペーパーが無くなり、スーパーで2ダース買ってから南壁をガイドして、長次郎右俣を降りて真砂沢ロッジに持って行ったことが懐かしい。 今日の富山は曇だが剱岳は見えていた。 海から剱岳を見て、あの頃のことを思い出してしまった。 明日からまた剱澤小屋に行くのが楽しみだ。

紅葉の源次郎尾根に報われて [剱立山]

秋の雨に散々やられてきましたが、今週平日はお天気に恵まれて源次郎尾根を2回転してきました。
0D59CC2E-1645-469B-BFDB-20EA956FA159.jpeg
紅葉が綺麗でとても癒されました。
7C33AB16-C81A-4E06-863E-B9FD4C591692.jpeg
私は各講習会や講演会でいつもお伝えしていることがあります。
「別山尾根を登っただけでは剱岳の10%もわからない」ということです。
剱岳には各種限りないルートが本峰に向かって伸びています。
D881EFA5-6EFC-47F9-B7E0-8613AE655D18.jpeg
一般的に知られていないルートもたくさんあります。
別山尾根も素晴らしいルートなのですが、是非とも各種バリエーションルートからも登ってみてください。
941F5A58-EE38-46EA-8915-706321C3117B.jpeg
剱岳の偉大さと奥深さが更に理解できるはずです。

源次郎尾根はバリエーションルートの中でも入門に属するのですが、それでもロープを使わないと登れないルートです。
2ヶ所の悪い岩場と30mの懸垂下降があります。
さらに初見の登山者はルートファインディングに悩むことでしょう。
ネットで調べただけでは通用しない、真に登山力を試されるルートです。
是非たくさんの登山者にチャレンジして欲しいものです。

今日からの週末は台風24号の影響でガイド中止です。
また、台風25号も発生しました。

週明けから再び剱岳へ通えるよう祈ります!

山小屋のキャンセル [剱立山]

D0DA5A33-EBEA-4E25-92EB-3D3A5632C571.jpeg
剱立山界隈の山小屋で無断キャンセルへの迷惑を訴えるSNS投稿を目にする機会が増えた。

登山者の立場からすると、キャンセルは俺一人くらい黙っていても大丈夫だろうという意識なのかもしれないが、山小屋の立場からすれば受け入れ準備を整えて、無断キャンセルされたらその費用負担はほぼそのまま被ることになる。


そして遭難の可能性もあるので各方面への確認作業も手間となり、更に負担が増える事になる。


その予約客のために、後から来た予約を受けられない経済的な被害も生じるので、山行中止あるいは山行計画見直しの際は即座にキャンセルの電話をするべきことは当然である。 しかし、悪質な登山者はあらかじめ複数の山小屋に予約を入れて、天気予報によって自分の計画を変更対応する人もいるらしい。

ツアー会社でもあらかじめ募集定員の20名という予約を入れて、直前に最少催行の8名に減らしたりと実数を誤魔化して水増し予約をする会社もあるらしい。

こんなことをやっていたら、登山者と山小屋の信頼関係がなくなってしまいます。


結局、人気のある山小屋は予約受付ができない状況が多々あるので、登山者が防衛策として計画段階で安易に予約しておいて忘れる、あるいは意図的に行かないということなのだろうが、小屋としては詐欺にあったような意識だと推測される。

まして、山小屋は天気予報が悪くなったら、大量のキャンセルリスクを常に背負っているのでビジネスとしては非常に辛い。

だから、私は登山者の一人として予約には慎重になるし、予約人数の変更は細かく即座に連絡するように心掛けている。

天候やお客様の都合などでキャンセルを入れるときは、山小屋には申し訳ないという気持ちでいっぱいになる。

でも、登山である以上キャンセルしなきゃならない時もあるわけで…。
悪天候でヘリが飛ばなくて苦慮している人や歩荷している人の顔を思い出すと辛くなる。

せめて、キャンセルの連絡くらいはしましょう!
山行計画が確定してから実数予約を入れましょう!

雨に濡れても [剱立山]

9月17日までの連休中、とにかく良く雨が降った。
こんなに降り続く雨もあまり経験がない。
86CAB3DA-A6AA-49CC-B1C3-5ADD5637B3F5.jpeg
通常ならガイド中止の判断が妥当なのかもしれないが、剱を熟知した多賀谷ガイドとのジョイント企画でもあり、少しの止み間で登れるタイミングを見計らって行動する方針で催行した。
登れる日もあり、それなりの行動はできたものの結果としては満足できる内容ではなかった。
降り続く雨は私を憂鬱にし、心身共に疲れ果てさせてくれた。
救われたのは、参加者が誰も非難せず、中には雨の中で、ここまでできるという経験は貴重だったと話してくれた数名がいたこと。

そしてなにより、参加者全員が雨の中でも快適に過ごせたことは、剱澤小屋の高いホスピタリティがあってのことと感謝したい。
雨が続く憂鬱な雰囲気の中で、若いスタッフの方々が笑顔で穏やかにクライアントに接し続けてくれたこと、私も見習っていきたいと思う。

18日からは前日までがウソのように晴れた。
5C032380-F9F5-4180-B393-23280577B9C5.jpeg
晴れたら気分も良く、心も爽やかになる。
でも、雨が降り続いた滅入る気持ちも私には良い経験だったと思う。

剱岳は遥かに遠くて [剱立山]

夏休み最後に歩美は剱岳へ登ろうといろいろ準備してきました。

昨年同時期に剱澤小屋に泊まって、翌朝体調が急変して、山岳警備隊のお世話になりながら下山してから再度の挑戦。
あれ以来、「また、剱岳に行ってみる?」と聞いても「怖いから行かない!」とずっと言ってきたのだが、7月の中旬に私がクルマで自宅を出発する見送り時に「パパ、夏休みに剱澤小屋に行っていい?」と。
朝ザックを背負って走ったり、天狗平へ泊まりに行って大汝山に行ったり、暑い低山を歩いたり、もちろん得意のクライミングしたりと、私もプライベートの時間は一緒にやってきた。
今回も、私の仕事が空くのが8月最後になり29日に入山となった。
初日は雨予報、翌30日は天気予報は良いのだが微妙な感じがした。
雨の中、雷鳥荘、剱御前小屋で休みながら剱澤小屋へ。
1194CED5-3F89-4288-A466-B38F5BD555C0.jpeg
主人の佐伯新平さんを始め、スタッフに歓迎されて、とても元気にお喋りに夢中でした。
203C7286-5D81-4F88-BB87-B710893C8D75.jpeg
20時前には熟睡したが、夜中の1時過ぎに「パパ、気持悪い」とトイレに連れて行き嘔吐して、30分ほどトイレで様子を見たが落ち着いたので再び就寝。

朝4時30分に起きて、体調確認したら、行きたいと言うので朝食を食べに行くが、全く食べれず。
体調はどんどん悪くなり、背負っての下山を決めた。

昨年と全く同じパターンで体調を崩し残念ではあるが、歩美は剱澤小屋で遊んでもらったことがとても楽しかったようだ。
28881474-F8A9-4F7F-A91E-FE0C14443474.jpeg
剱岳に登ってから、もう一泊して剱澤小屋で遊んでもらう歩美の希望は叶わなかったが…。

「パパが働いているところに行ってみたいな!」と言ってから2年連続で体調崩し、今はすっかり落ち込んで、「もう剱には行かない」と言っているが、何年か後にまた自分から行きたいと言うまで待とうと思う。

自分のことを言えば、今まで延500人以上のお客様を剱岳にお連れし登っていただいたはずで、私は勝手に剱岳に守られているという感覚を覚えている。
しかし、歩美とチャレンジした2回は剱岳に触らせてももらえない!
歩美とは永久に一緒に登れないという感覚がずっとある。

剱岳には不思議な感じを持つ事象がたくさんあるが、そのうちのひとつになりそうです!