So-net無料ブログ作成

天気次第 [Guide]

富山を早朝に出発して、お客様と小渕沢で合流。
南アルプスの展望台 日向山へハイキングガイド。
関東にいた頃は、冬はこの辺りでアイスクライミングに良く来ていたが、無雪期に来るのは初めてです。
6F7D30E5-1502-4489-B7AE-48C95F7FA5AD.jpeg
新緑が眩しくて、整備が行き届いていて、良いハイキングコースでした。
3ED166B3-0008-4AAA-A871-BDEA28359DA3.jpeg
下山後に河口湖へ移動して、翌日のガイドに備えたが大雨で中止。
ECD61305-8775-43EF-AFF0-D856C930C5BB.jpeg
朝からピラニアに行って、夕方に佐藤小屋に上がる。

リラックス効果 [沢]

今日の富山は雨がしとしと降っている。
梅雨は嫌いだが良いこともある。
雨音は脳波をアルファ波にする効果があるらしい。
つまりリラックス効果があるのだ。
マイナスイオンもたっぷりと。

そして、紫外線も少ないので日焼けした肌にも優しいし、目にも優しい。

そんなことで、今日は馴染みのお客様とまったり沢登りをしながら山を登る。
A503E4A5-6A3D-4243-9E2B-9C91FBCB5606.jpeg
新緑と可憐な花と沢水は贅沢の極み。
2BB705ED-BE46-4B3A-8F74-4FBA9F2ADD40.jpeg
沢の中は降る雨も感じない。
6139C6AF-EC46-47F6-B62F-EE8BEE7F3894.jpeg
わざわざ滝も全て直登して、アクセントをつける。
E9BE3A88-ED13-415F-8FFD-9BAB3C1FBBE6.jpeg
山頂からの眺望は全くなかったが、そんなことはどうでも良いこと。

山は元気を与えてくれる。
体調を崩している人、ストレスフルな人は是非山へ。

くれぐれも酒に走らないようにね!

梅雨入りしたようだ [Guide]

6月7日に北陸も梅雨入り。
一気にテンション下がる時期。
しかし、土曜日は雨にも負けず、今夏に剱岳を目指すお客様5名と県内某所で事前講習会。
F3D405C6-C781-41BB-B0C2-6BD361E5D3F7.jpeg
岩と雪がある剱岳は、しっかりと準備して臨みたい。
ADD0835B-7C87-4C90-8663-1DF46810DF3B.jpeg
日曜日はガイド中止になったが、こういう日こそ天気が良かったりして皮肉なものだ。
ガイド殺しの季節が始まった。

ラストラン立山そしてお別れ [大好きなスキー]

連日、立山は好天に恵まれています。
この時期の平日は、登山者もスキーヤーもほとんどいません。
とても、静かで贅沢な時間が過ごせます。
F4578A7D-6AC9-42D2-A649-09DAF73B05A5.jpeg
まだまだ、残雪はたっぷりありますが、立山でおそらく最後のスキーとなりそうです。
プライベートでは、また滑りに行くかもしれないですが…。
四月のオープンから一緒に滑ってくれたお客様方、日々大変お世話になった天狗平山荘さん、ありがとうございました。

本日、下山してきたら残念なニュースを聞きました。
金田正樹先生が昨晩亡くなられたと。

随分前にネパールで深いクレバスに落ちて、両足指に凍傷を負い、カトマンズの病院で適切な処置が受けられず、日本に帰国してから金田先生を頼って白鬚橋病院に入院した。

金田先生が両足指先を最低限の切断で済ませてくれたお陰で今がある。

その後、何度か御一緒にさせていただく機会もあったが、最近数年はFBでの交流しかなかったことがとても残念。

心よりご冥福をお祈り致します。
そして、ありがとうございました!

リメンバー小川山 [国内クライミング]

赤岳鉱泉から降りて、たぶん3年ぶりに小川山へ。
以前は小川山も瑞牆山も良く通ってたのだが、腰の手術やら膝の故障やらでクライミングから遠ざかるようになった。
やはり、クライミングがない人生は詰まらない。
最近は腰、膝も少し調子が良くなってきたので無理のない範囲で再開したいと思う。

まずは、身体慣らしに。
フェニックスの大岩は初めて来た。
8C714433-1DE1-4369-B5C7-F17D1532B007.jpeg
某ガイド協会が大勢でガイド研修をやっていた。
素晴らしいことだと思う。

少し登ってからエリアを移し、グレードを上げる。
9BF72E2A-7308-407C-B475-4592EBB44C92.jpeg
久しぶりのスラブは恐いけど、随分と感覚は戻ってきた。

宿泊は岩根山荘に。
C8EEE021-2FAF-4ED6-A618-41DE342DB9E6.jpeg
ゴールデンレトリバーのテツは14歳になっていた。
一緒に朝晩散歩した仲なので、私のことは覚えてくれていたようだ。

翌日は屋根岩に行った。
小川山から富山へは5時間のドライブ。
遠いけど小川山の雰囲気は素晴らしく、私の想い出が詰まった場所。
時々、行かなければならない場所だと再認識した。

第65回八ヶ岳開山祭 [八ヶ岳]

6月に入りました。
春と夏の境目で好きな季節です。
420AC79B-732F-4A75-9069-6E049B41FBDC.jpeg
久しぶりに赤岳鉱泉へ。
アイスシーズンにお世話になりましたアイスキャンディもまだ雪壁状態。
八ヶ岳も残雪が多いですね。

昨年に続いて、オクトス主催 やまきふ共済会後援の開山祭記念BBQ &安全講習会を開催しました。
66C08E4E-5191-47C0-99A3-451F170C6DB0.jpeg
私はビバーク講習を担当しました。
ツェルトは買ったけど、袋から出したことがないという登山者が多いと思います。
ビバーク技術は山でトラブルが発生した時に自分の命を守る最後の砦です。
ただ張ればいいのではなく、知識と経験が必要な技術です。
自分で繰り返しツェルトを設置していただきました。
FBEE27D3-F339-45AC-8E9C-323C7F341F70.jpeg
次は救急医の伊藤先生による山での外傷に対応するための講習。
日本山岳ガイド協会のファーストエイド委員長でもある先生の講習はとても貴重な時間です。
9A62B531-3EF4-4181-A8C9-495E8C3AFC8B.jpeg
夕食は赤岳鉱泉スペシャルBBQです。
オクトスからのプレゼント争奪戦も盛り上がりました。
テントやザック、ツェルトやトレッキングポールなど全員に複数のプレゼントがありました。
98CBE068-2FBC-4A39-AFCD-0BB4A62CA89D.jpeg
そして、伊藤先生の講座夜の部。
100名以上の受講者がいたでしょうか。

翌朝は元気に赤岳へ。
EB1ECFE9-F191-4FB0-9B20-2A8EA0F00294.jpeg
開山祭なので四代目も上がってきました。
珍しいので、記念撮影!

新緑と残雪たっぷりの白山へ [北陸]

ホントは剱方面へ行く予定だったが、昨日の雨で本日、日帰りでの白山に変更。
0FAB5826-5EEE-4195-AA91-5974CD04A4F5.jpeg
2人のお客様と別当出合から砂防新道をのんびりと往復して7時間。
619889C3-9430-48EA-8D7B-6A24261A12B9.jpeg
新緑と残雪を満喫できた白山。
実は私、初めて登った。
富山から近いのに、なぜか石川県はあまり行かない。
いつも、剱立山から遠くに見える白い山が気になっていた。
初めての白山はとても良い場所だった。
来シーズンは是非スキーを使ったツアーをやりたい。
厳冬期は樹氷も観れるらしいし、気持ち良さげな斜面がたくさんある。
最近の私は、剱立山ばかりで他の山域に出掛けることが少なくなった。
ひとつの山域に根付き仕事をすることは大事だが、だんだんと自分がマンネリ化して行くことも感じている。
生活に追われ、膝の心配して、大好きだったクライミングも辞めてしまった。
海外登山も失敗が続いて嫌気が差してしまった。
新しいことと出会い、刺激を受けなければ自分が死んでしまうとつくづく感じる。
また、クライミングを再開してみようかなと思う。
また、基礎からやり直します!

剱沢スキーへ [剱立山]

この週末は剱澤小屋へ。
昨年10月の小屋締め以来の宿泊。
たくさんの有名ガイドで賑わっていて、肩身が狭かったです。
72C880D6-C63F-460A-8FF7-869969E51E72.jpeg
剱立山界隈でのスキーガイドは今回で終了。
なのに様々なトラブル続きで、お客様にはご迷惑をお掛けしました。
7A4E084F-4490-432E-9BB0-0973C1E457E4.jpeg
今夏も引き続き剱岳を中心に細々とガイド活動をやっていきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

龍王岳の岩場 [剱立山]

立山縦走に行く予定だったのだが、お客様が膝の痛みを発症したので、一ノ越で様子を見て、龍王岳に変更した。
160A4E67-63D1-4A84-A394-3078673AD0A1.jpeg
以前、東尾根を登っている方なので、Ⅳ峰北面フランケに登った。
全く必要ないところに、新しいリングボルトもあったので、誰か登っているんだろうか。
A14E63C4-DDDC-4C39-8AED-6C2F8B3D5B23.jpeg
ここはちょっとクライミング体験という方にはお勧めかもしれない。


初夏の鳥海山へ [大好きなスキー]

この週末は初夏の恒例 鳥海山へ。

金曜は立山ガイドから下山して、新潟でお客様と合流。
4D914E54-288A-4B94-B827-82A6212CFDEB.jpeg
結局、飲み会になる。
鳥海山は遠い!
翌日、鳥海山に入ろうと思ってたが、月山に寄ることに。
鳥海山は遠い!
92E64227-B7BB-48B7-86F9-2145F78FE0C0.jpeg
スキー場から離れて、ハイクしてたら、いろんな知り合いに会う。
旅は意外性が面白い。
夜は酒田の名店へ。
A1BF42CF-AA79-46A0-93FC-1567AC09B599.jpeg
やっと、鳥海山へ登れる準備が整った。

翌朝はルートミスって、通行止めをくらったりして、やっと着いた祓川。
76070983-BF6C-4BC4-9FC4-46990B661D4C.jpeg
しっかりと上まで繋がってる。
A6BEC266-E6FD-4340-B771-26645478BDA6.jpeg
Tシャツでも暑く、汗だく。

このTシャツは目立ったようで、みんなに二度見されます!
4DB20608-A2BE-4AEC-857B-C3EEA701A4CB.jpeg
山頂で冷やし中華を食べるのが、私の鳥海山ルール。
からのドロップ。
雪はジャブジャブだが、デカイ斜面は気持ちいい!
さすが東北のジャイアンツ。

しかし、謎の左足指痛で力が入らないので、ちょっと残念。
滑りの写真を撮る余裕もなく、休みながら降りてきた。
8DA7F494-FDA1-4AB2-A35A-C48CBDC01224.jpeg
下山したら花立牧場のソフトクリーム。
D5E7B1FE-CD4A-4349-B999-5F68385D2F12.jpeg
そして、鳥海山の終わりはいつもババヘラ。
B17FFD58-50FE-47AC-8723-A762756A1449.jpeg
そして酒田ラーメン!
今回は満月本店のワンタン麺で〆ました!

そして富山に深夜の到着。