So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

熊さん [ハイグレードハイキング]

このところ剱立山周辺での活動が続き、新緑の山もそろそろ行きたいなぁと。
今日は信州上田の鬼ヶ城へ行って来ました。
fullsizeoutput_21b2.jpeg
人の気配はないですが、熊の気配はありました。

時々感じる、グルルルツという重低音がそうです。

私は過去、熊との遭遇は数知れず。
黒部で親子連れとバッタリ出くわしたり、早月尾根で一緒に歩いたり、と10数回は遭遇しています。
でも、一度も襲われたことはありません。
仲間だと思われているようです。

慌てずフレンドリーに対応するのが良いのかも。



山が好きじゃなくなる [マイライフ]

日大アメフト悪質タックル事件には呆れ返るばかりだが、宮川選手の会見で「アメフトが好きじゃなくなって…」という言葉が重かった。
自分に当てはめてみると、私も登山やクライミングが昔より好きじゃなくなってきたかもしれない。
一生懸命クライミングしてた時期やガイドになって10年くらいまではとっても楽しくかった。
山は変わらず美しく神々しいのだが。
95F82339-E76B-4B0E-BB77-E9AD5F938372.jpeg
登山やクライミングは自分が楽しく充実していればいいのだが、他人の批評や評価など最近特に鬱陶しく感じる。
なるべく、そういったものには関わらないように努めても、この世で無視するのは難しい。
エベレストで遭難した栗城君への批評など、吐気がする。
死者にまでムチを打ち、ネタにするのか。

Facebook見なければいい。
そのとおり。

ボトルネック回避策 [Guide]

この週末は日曜の天気が悪いから、土曜のうちに登ってしまおうと、朝イチの新幹線で東京から来ていただいたお客様と急いで立山駅に向かったが、立山ケーブル3時間待ち!

仕方なく、美女平まで歩こうとスタートするも、お客様の一人が登山口にサングラスを忘れて来たと。
それを取りに行く時間も含めて、一時間半で美女平に着いた。
しかも、お客様二人は70歳近い高齢。

この登山道はかなり荒れているし、危険箇所もあるので、全ての登山者にはお勧めできないが、キチンと登山道整備すれば、登山者にとって立山ケーブルのバイパスになるのではないかと思った。
標高差500mの急登だが、剱のバリエーションを目指す登山者なら一時間はまったく掛らないだろう。
ここを整備して、使う登山者が増えたら、ひとつの選択肢になるような気がする。
6DE90699-DD2F-4477-A518-17B80FD35884.jpeg
途中に初代美女杉もあり、急登をガンガン行くのも楽しい。
立山ケーブル2時間待以上なら、登る価値はあるかなと思うがいかがだろう?
B9549926-768C-4447-B14C-9DCF25835BDC.jpeg
おかげで土曜のうちに素晴らしい登山ができた!

GW後半戦終了 [バックカントリー]

GW後半、初日は立山ツアーだったが中止。
午後に新潟へ移動し、翌日から東北日本海側へスキーガイドです。
まずは月山。
そして鳥海山へ。
278DB2E9-ADD7-44B2-83F5-81130C080B0C.jpeg
山形、秋田のスキー旅は地酒が絡み、つい飲み過ぎてしまいまして…。
困ります。
D569B435-DE47-4A21-A46D-447A1AD78C48.jpeg
この店は最高でした!
DA7310AD-A56A-45C4-B3D9-D2FDCDE429DB.jpeg
鳥海山と言えば、ババヘラは外せません。
なんで、ババヘラ?
ババがヘラを使って盛るからだそうです。
でもババというには若い方でした。
D23C9179-203C-47C8-8E57-01BC061A33DD.jpeg
肝心のスキーは新雪が時々ストップさせてくれますが、日本海を見ながら滑るのは気持ちいいっすねー。

今シーズン、あともう一度くらいは行けたら良いです!

GW前半戦終了 [Guide]

今年のGW前半は好天に恵まれて、私の顔もすっかり焦げてしまいました。
珍しく剱岳にはまだ登っていません。
山と人は縁ですから。

白馬と立山に行きましたが、雪の減りは例年より早いようです。
毎年極端なので、何をもって例年かわかりませんが。
剱御前小屋から富士ノ折立下、一ノ越から雄山は雪がほぼなく、我々はアイゼンを装着しませんでした。
04054EC4-5DBE-481B-A335-47BCE8F6E415.jpeg
剱御前小屋から見えた夕陽に染まる富山の田圃。
今年もちょうど田圃に水が入る時期です。

年に何十回と訪れる場所ですが、山はいつも想像しない新しい感動を与えてくれます。
いつまでも、この感動に出会える心と身体を持ち続けたいと思います。

天気予報によれば、GW後半は始めかなり荒れそうです。
行動は慎重に、撤退は迅速に、判断は的確に。
でも間違えてしまうのが人間です。
また剱立山が白くリセットされる予感がします。

雨後晴 [剱立山]

今週の室堂は火曜、水曜と雨が続いてガイド中止。
430F6385-847C-41BA-89DD-3397A6BFBCC1.jpeg
木曜、金曜は登山日和となりました。

スキーではなくて登山のガイド。
剱岳でも立山でもなく、ちょいとマイナールートのガイドでした。
お客様方が絶景に満足されて、嬉しかったです!
F462C37E-6911-4EC8-BABD-4AD87B6FD012.jpeg
残念なのは、今年は雪が汚いことです。
もう新雪が積もるチャンスはないかな?

5月3日からがラストチャンスでしょうか。
白い雪を見せてあげたいです!

立山登山の終点は天狗平山荘 [剱立山]

先週末は立山三山縦走へ。
E79FD304-EFED-4E61-AA84-018BC4FFF0A6.jpeg
雷鳥荘を朝弁当で早立ちして、剱御前小屋に上がると剱岳がバーンと。
久しぶりに顔を拝見しましたが、やはりイケメンです。
今週末にお邪魔します。
昨シーズンは厳しかったですが、今シーズンは優しく迎えてくれると良いです!
E28CB3DE-4E55-4EF6-90D1-DC3951760A86.jpeg
今の立山稜線はとてもややこしいです。
雪がないところ、氷、雪庇が交互に出てきます。
他人の足跡を安易に追うことは危険です。
地形を予測して自分で判断しましょう。
これからの雨で状況もまた変わるでしょう。
C644D510-62F8-4EBE-BAD0-4EF2D91B72C9.jpeg
後立山の稜線もカッコいいですよー。

下山したら、室堂で長蛇のバス列に並ぶよりも天狗平山荘まで行ってバス予約をしてから、まったり帰るのが大人の登山です。
D443A9F2-4850-4581-84CE-557247E91FAE.jpeg
点の記ラーメン、生姜焼き定食、カツカレー、極上アイスクリームetc
美味いものが書ききれないくらい待ってます。
消費したカロリーを天狗平山荘でリカバリしてから富山へ下山しましょう。

全て満足した頃にバスが迎えに来てくれますよ!

立山の季節 [剱立山]

4月15日は立山黒部アルペンルートの全線開通日。
残念ながら悪天のため、富山側は終日運行中止になってしまいました。
IMG-6449.jpg
雨なので雪の大谷を見学に行きました。
今年は高さ17mで、高い部分が例年より長く続いているそうです。

翌日からは素晴らしい景色の中、立山の大きさを感じながら連日滑ることができました。
IMG-5481.JPG
まだ、朝は硬いですが日射の影響を受ける時間と場所を選べば最高です!
IMG-5486.jpg
これから11月までたくさんの方が事故なく楽しめますよう、私なりの立場で頑張ります!

転進も楽しい [Guide]

四月に入ってから、山の天気とタイミング合わず目標の登山が出来ずです。
D66CFABF-0673-460D-A6EF-D92D2C831DD2.jpeg
でも、行き当たりバッタリの転進も楽しい!

さて、アルペンルート開通したら天気が良くなるかなぁ…。

雪山の危険 [中央アルプス]

ニセコから帰って翌朝早く木曽駒ヶ岳へ。
お天気に恵まれ360度の大展望を楽しむことができた。
EF217EB5-5B55-4460-A2F4-2125B3EB6C99.jpeg
八丁坂を登って、乗越浄土に着いたら上下白い皮のジャケットとスカート、ハイヒールを履いて、オモチャの剣を持った金髪女性がいた。
コスプレってやつだろうか。
まぁ、いろんな人がいるなと思って、見なかったことにした。

しかし、下山時に八丁坂は昇温で雪はグズグズになり、アイゼンが効きにくい状況になっていた。
我々は慎重にピッケル&アイゼンで下降して行ったら、コスプレの女性がノーアイゼンでオモチャの剣を雪面に刺しながら降りていた。

その横には、6本爪のアイゼンを付けた親子三人が八丁坂の一番急なところで降りれなくなっていた。
聞けば子供は中学一年生とのこと。
親は自分の責任で痛い目に遭えば良いが、子供は可哀想なので、私のロープを身体に結んで、テンション掛けてぶら下げて降ろしてあげた。
春休みを利用して登りに来たのであろうが、子供にはとても怖い体験になったことだろう。

雪はすぐに状態を変えるので、そのことへの理解と対応できる装備が必要。
雪山登山の敷居は高いものだ。